ぬらっ。峠の茶屋ぬらっ。家族の肖像

2018年06月13日

ぬらっ。コレクター4

ぬらっ



"コレクター"
https://t.co/1e3zmGAD2I
「コレクター」見た。面白いなこれ。
サインを集める女、断末魔を録音して集める無差別殺人者、凶器を集めるおじいちゃん。
名無し姓無し顔も無し、はなかなかいいサインだ







読書などがほとんど進まない。

投稿は不採用。




▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f


第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。













こわい、めんどくさいという人に「こっちのほうがずっとこわい、めんどくさい」っていうの、答えになってるのかなあと、ふと。そういうふうに言うってことは、逆の立場になったらその言い方で納得するんですよね。

「そういうふうにうまく返してくるからこわいんだよな、もうこの人達には何も言わないしよう」と言わせるだけだと思うんだけど。
正しければ通用する、理論武装をかためれば勝てる、という考え方がいやだな。やっつければ従えることができるのは、ドラクエのなかだけです。

誰でも加害者になりうると本当に言うのであれば、そういう言い方にならないと思うんだけど。それこそ相手への想像力がない。

あなたよりもわたしのほうが傷ついてるからわたしのほうが強く出て当然、というひととどうやって対話したらいいのか。それを不均衡というんじゃないのか。
あからさまに軽視してくるわけでしょ。なにがあったか知らないけどさ。オレがやったんじゃないんだから、オレに反撃されてもこまる。
(オレに言ったわけじゃないことなのに、オレが反応するのはおかしい、というのならわかる)

もっと理解したいけどこわさに阻まれているってこともあると思うよ。それを「こっちのほうが怖い思いをしてきた」って言えば、橋は崩れますよね。

橋をかけようとするふるまいに見えなくてとまどう。無理解の人に理解させようとするふるまいに見えなくてとまどう。
分かりやすく噛み砕いてくれって話じゃなくてさ。相手の目を正面から見ようって話。

オレは中年なんで、彼ら彼女らが中年になったときに下からの突き上げにどう対処するのかに興味ある。

シューベルトに「魔王」って歌があるでしょ。子には魔王が見えていて、父には見えていない。差別が魔王なんです。子はどうやって父を説得すればいいのか。

いくら言ってもわかってもらえない、ということがこれから先もずっと続きますよ。分かりたいと思いながら読んでるオレでもこんな感じです。

オレもはっきり言って見えてない側なんですよ。オレには「ない」ように見えているんです。魔王は見えてなくて、とがった枝の先で枯れ葉が揺れているようにしか見えない。
でも信用できる人が「ある」と言っているから、そこに「ある」のを前提にしてものを考えているんです。

そうなんです。なぜかオレは彼らを信用しているんです。ほんとうのことを言ってると感じるんです。だから分かりたいと思うんです。




mk7911 at 08:46
ぬらっ。峠の茶屋ぬらっ。家族の肖像