ぬらっ。廃校七番目の不思議ぬらっ。コレクター

2018年06月12日

ぬらっ。峠の茶屋4

ぬらっ。



"910214③峠の茶屋 /世にも奇妙な物語" https://t.co/nSooubpgzf

「峠の茶屋」見た。峠の茶屋で「ここで一生暮らしたい」と言ったばかりに出られなくなる。自然の一部になってしまった人から手がかりを得て、なんとか東京に戻るが、東京は緑に覆われていた。

これは東京に何が起こったというんだろうか。それとも主人公だけにそう見えているのか。

オレが茶屋の主人だったらさびしくなくなってうれしいと感じるだろうな。
ストラビンスキーの春の祭典みたいなBGMだ。

しかし、「みずから望んで」木になっている人というのはどんなもんだろうな。どんなつらいことがあったんだろう。







みずつき7に参加しています。
水の短歌をあつめた作品集です。
http://kohagiuta.com/design/mizu7/







昨日「Lilith」のことをツイートして、今日は「メタリック」読んだ。ツイッターを見ると「sister on a water」のことをやってる。




雑誌で喜多さんがセクハラにあたるような質問をしたという話。
自分をアップデートするのってどんどん難しくなるから、オレはこういうのはいつもおじさん寄りで見たくなるよ。

古いほうにつきたくなるのは、古い人間になったということか。


自分が同じ立場だったらこうならないと言い切れるのかと想像してみる。オレは旧バージョンの基準で動いて、それは新しいルールでは違反になっていて、この人達は束になってオレを斬りにくるだろうという、そういう予感はあります。

そうなったら、しょうがないや。
それより、自分に合った人をフォローすること。

傷つけるかもしれないって考えるとこわいんですよ。今回のを見てると特に、自分と感覚のちがう人が目立って見えていて。オレはその人たちの感覚にはとてもなれないから。

オレには、セクハラという言葉が思い浮かばなかった。そんなに叩かれることと思えない。でも叩かれる現状がある。
オレの感じかたと現実にズレがある。このズレのせいで悪いことが起きそうな気がした。

傷つけるのがこわいと言ってみたが、傷つけたことで自分にふりかかることが怖いのだ。

今回のことで一人リムーブした。

彼らとともに戦いたいと、どうしても思えないのは、オレが彼らの敵だからなのか?

とまどってます。
関わるべきじゃないのか?



▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f


第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。





mk7911 at 07:20
ぬらっ。廃校七番目の不思議ぬらっ。コレクター