ぬらっ。殺人者は後悔する、花は泡ぬらっ。猿の手様

2018年04月24日

ぬらっ。親切すぎる家族5

ぬらっ



"J.C. Bach - W B81 - Military Quintet No. 3 in B flat major" https://t.co/hbams1xVbC
クリスティアン・バッハのW B81を聴いた。編成は小さいけど、室内で演奏するためのものじゃないのかもしれないな。つまり室内楽じゃないんでは。







"900607③親切すぎる家族 /世にも奇妙な物語"
https://t.co/NBDRXcgtlr
「親切すぎる家族」見た。主演の古尾谷さんって、自殺したんじゃなかったっけ。それが見ている間ずっとこびりついていた。
自殺した役者さんが、死ぬ人を生きながら演じている。

ストーリーは、ちょっと藤子Fの短編にありそうな感じ。家庭と仕事に疲れているところに、とつぜん声をかけられて、ついていったら別の家庭が待っていた。

落としどころはわりとありふれているようだけど、写真のなかの顔が変わったことを合わせて考えると、夢と現実が混ざって複雑になる。あの写真は変わりつづけていくんだろう。
怖いとかより、理想的な死にかただと思う。なごむ。

でも、それとは別な見方もできる。
主演の男性は序盤で、老人の資産を食い物にするような仕事をしていた。言葉たくみに出資を誘っていた。それを考えると、老人を騙してきた男が老人にやりかえされた、因果応報の話ともとれる。







連作やった。つらい内容なので、取り組むたびにつらくなる。
でもいい推敲ができて満足している。






記録によると、このブログは365日連続で更新されている。おおお。えらいぞオレ。

▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

2018年3月のオレの短歌とその余談【前編】ネットプリント、恋のうた、ほか
https://t.co/izWguvITzA

2018年3月のオレの短歌とその余談【後編】ポエクリ、うたの日、未来ほか
https://t.co/7ZSCtSM6qu

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。


mk7911 at 12:23
ぬらっ。殺人者は後悔する、花は泡ぬらっ。猿の手様