ぬらっ。合同ぬらっ。うれしい順位

2018年03月13日

ぬらっ。36読了

ぬらつ



"J.C. Bach - W B15b - Sonata for viola da gamba in F major"
https://t.co/KwSjkPqma4
クリスティアン・バッハのW B15bを聴いた。きのうと同じ曲だが2楽章の印象がだいぶ違う。活気がある。







つかれるタイムラインだ。あれ買え、これ買え、あれ行け、これ行けと。で、それぞれ目をひく部分があるから困る。つまらなければ遮断できるのに

宣伝が大事なのもわかるので苦しいところ。

オレだけがどこからも依頼がこないのが浮き彫りにされる思いだ!







ドラクエ3の「かしこさ」とか「うんのよさ」ってなんだったか、あと「ちから」と「こうげき力」の関係とか、急に気になって調べたんだけど、真実は思いもよらないようなものだった。







企画というか思いつきで読んでいた36冊の歌集を読みおわった。一ヶ月ちょっとで読んだ。最後におもしろそうなのを置いたおかげで読後感がよい。

読んだ36冊を5段階で評価してたんだけど、これはダメだつまらんという「1」は3分の1の12冊で、のこり3分の2はなにかしらいい歌があるし読める。こりゃいいもん読んだぞという「5」は5冊。



「ブックオフ8店舗の540円以下の歌集すべて買って読んでみた・36冊」の次に考えてるのが「最寄りの図書館にある歌集あいうえお順にすべて借りて読んでみた・約25冊」。「約」なのは、貸し出し中のがあるとしたらもっと増えるから。

で、これをさらに進めると、前者は「540円以上もふくめてすべて買って読む」後者は「ほかの遠い図書館でもあいうえお順に借りてすべて読む」になる。



死ぬほど金と時間があったら「本屋にある歌集すべて買って読む2018」みたいなの毎年やりたい。見てるとみんな欲しくなるんだもん。







最近NHK学園から「さくら」っていう合同歌集の案内がきた。74000円で8ページにわたって27首載せてくれるんだそうだ。絶対やらねえな。

やらねえけどさ、そういうのにあえて飛びついていくみたいなのをネタとしてやりたい気持ちはある。あやしい人についていってみた、って感じで。それを画像を交えて、こうでしたよ、こうなりますよ、って紹介するの。

何かの歌人団体に会費出して入るとか、何かの受講とか。なるべく「ちょっとこれは……」っていうのがいい。事細かにネットにあげていくのよ。検索するとオレの記事だけ出るみたいな。
余裕のある時はそんなことを考える。ほんとにやるにはもっと余裕が要る。

タイムラインの人たちがこれがいいよこれを見てよこれを買ってよって誘導するものから外れていきたい気持ちが強い。へそ曲がりなんですわな。






▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

2018年2月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n0aed2acd22f7

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 07:14
ぬらっ。合同ぬらっ。うれしい順位