ぬらっ。12/6ぬらっ。四冊買った

2017年12月08日

ぬらっ。やめやめやめやめ

ぬらっ



角川短歌年鑑がでたようであります。近くの大きめの本屋を二件まわって見つからず、そういえば去年も見つからなかったのを思い出した。こんど仙台の中心にいくときに確認する。

例年どおりであれば、角川歌壇で香川ヒサさんから特選をいただいた歌と題詠「林檎」の歌の二首が載っている。
ささやかでも年鑑に歌が載ると、オレも短歌の世界にすこしは関与してるんだなーという気分になる。







話しかけられたくないタイミングで道をきかれて、「やめやめやめやめ、やめてください!!」と言って立ち去ったんだが、それを気にしている。







モヤモヤしてることなんていくらでもあるというか、どれもこれもがこんがらがっていて、どれがどこまでが人に話すようなことなのか分からない。

なにか言おうとすると、自分のなかで反論がおきて、それに言い返せなくなって、だったら最初から言わないよって感じ。
それか、すごく言い訳しながら言って、言いながらもう引っ込めたくてたまらないやつ。

ためしに簡単なところで、「ブログのアクセス数が横ばいなんだけどもっと増やしたいんです」と人に言いたくなったとする。そうすると「増えてもろくなことはない」「自分で考えることじゃない?」「そんなのそもそもくだらない」みたいな回答を思いついて引っ込める。ほかのことも同じ。

恥ずかしくて言えないし、こわくて言えないし、まとまらなくて言えない。






▼▼▼



noteでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年11月のオレの短歌とその余談【前編】
https://note.mu/mk7911/n/nc25fda0f3e41


500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 06:34
ぬらっ。12/6ぬらっ。四冊買った