2017年11月30日

ぬらっ。農業新聞

ぬらっ



"J. Haydn - Hob III:50-56 - The 7 last words of Christ for string quartet, Op. 51" https://t.co/czDJ2lMLWp

ハイドンの弦楽四重奏曲第50番……と思ったら急展開した。50番から56番はまとめて「十字架上のイエスの七つの言葉」弦楽四重奏版になっていた。その曲は管弦楽版で聴いたことがあるが、弦楽四重奏版は聴いたことがない。この機会に聴いておこう。

しかし9つの部分に分かれているのにあてがわれた作品番号は7つだ。50番だけを聴くことになっているので、今日は序奏部分と1楽章を聴いた。序奏は緊張感があるが1楽章は比較的ゆったりしている。







仕事柄、たまに日本農業新聞を見かけるんだけど、歌壇のページがあった。大辻隆弘さんの選。10月30日。 https://t.co/ePaFNtZlRb
2409f809.jpg











これを見るとそんなに農業っぽい歌は多くない。キャベツ白菜の歌と、直売りんごの歌の二首くらいか。前者は雨を待ちわびる歌で、農業をしている歌だ。
さすがに知ってる投稿者はいない。



さっきの日本農業新聞の、俳壇のほうです。 https://t.co/oyQ3veTwp3
91e7672a.jpg










佳作の最初の二句と最後の一句は特に農業らしい作品。



川柳よりも評がおもしろいような。日本農業新聞 https://t.co/VTDNtInf9Y
c0833e61.jpg















日本農業新聞「歌壇」(2013年12月16日)を読む : ▼存在しない何かへの憧れ https://t.co/TMAXSmIkJK
小高賢さんが選者だったころにも一度見かけたことがあり、そのときはブログ記事にしていた。








横山未来子さんの#短歌 #tankaか入門書を読んでいる。読みやすい。「ここで学ぶこと」がはっきりしているのがいい。

白い手紙がとどいて明日は春となるうすいがらすも磨いて待たう  斎藤史
てのひらをくぼめて待てば青空の見えぬ傷より花こぼれ来る  大西民子
画家が絵を手放すように春は暮れ林のなかの坂をのぼりぬ  吉川宏志

を「名歌を集めた短歌bot」に入れた。うすいがらすの歌がまだ入ってなかったのは迂闊だった。



▼▼▼



noteでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n19f14f84b358


500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 06:45