2017年11月23日

ぬらっ。有料のこと

ぬらっ



"J. Haydn - Hob III:44 - String Quartet Op. 50 No. 1 in B flat major" https://t.co/3I5rTmW8q9
ハイドンの弦楽四重奏曲第44番を聴いた。4楽章が軽快で、なかなかよかった。







髪を切った。

やや良い知らせがきた。

22日になって「未来」を読みはじめた。







noteで有料の記事を書いてます。「有料マガジン」。500円出すと100ある記事が全部読めるし、更新されるとそれも読める。

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)
https://t.co/87OmzuVT2D

noteのマガジンには100記事までしか記事が入らない。つまり、101記事目からは古い記事を消しながら書いている。ひとつ更新されるたびにひとつ消えている。
消えたものも一応保存してある。それをまとめてまた有料で出そうかと考えていて、でも面倒でやってない。やるとすれば、500円の古いやつだから100円で出す。
でも、「二度と読めない」というのも大切かも。うーむ。



マガジンとは別に、50首連作を200円で出しています。よかったらどうぞ。

2016年 角川短歌賞予選通過作品50首|mk7911|note(ノート)
https://t.co/mraWtjv3vP



noteは最大で10000円までの価格をつけることができる。ためしに記事に10000円の設定をかけてみた。

官能小説 〈2000年4月~12月〉|mk7911|note(ノート)
https://t.co/tYSQ2a3z0l



今、「くどうのぬらっ日記」っていうブログをやっている。急に思いついちゃったんだけど、これもnoteに移して有料にしちゃおうかと思って。100記事まで入れられるなら三ヶ月ぶんの日記になる。三ヶ月ぶんの日記で100円。どうかなあ。やるとすれば来年のはじめから。
そのときはタイトルは「工藤吉生日記」にする。「工藤吉生のこれ書いちゃっていいのか日記」みたいに煽るスタイルでもいいけど、なんかゲスだなこれは。

でもnoteに入れると、あとでほかのどこかに移したくなったときにコピー&ペーストしづらいんで、そこが気になっている。ずっと続けていたものをやめるのもイヤだしな。
やんないかも。年末までにきめる。







「みんなでつくる短歌bot」の説明の記事
https://t.co/bpRy8q2CVZ
に「選はありません。いただいた歌はすべてツイートされます。」と書き足した。説明のたりないところが見つかるたびに書き足していく。



▼▼▼



☆有料記事のご案内
noteの「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。ここでしか読めない記事がたくさんあります。

そろそろいいかなと思って公開する文章【1】
https://note.mu/mk7911/n/n66ad07437797

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n19f14f84b358


などなど、500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 06:15