2017年11月18日

ぬらっ。踊らにゃ損

ぬらっ


"J. Haydn - Hob III:38 - String Quartet Op. 33 No. 2 in E flat major"
https://t.co/oqJn1bjyg0

ハイドンの弦楽四重奏曲第38番を聴いた。小柄な曲だ。1楽章はおっとりとしているが、グジャグジャッとした締め方をしている。メヌエットのかわりが「スケルツァンド・アレグロ」になっている。フィナーレは途切れ途切れになって終わる。







角川「短歌」の11月号を読んだ。初めて電子書籍で短歌の総合誌を読みきった。もっと大きいタブレットで見るものなのだろう。スマホで読んだら少し疲れた。







★短歌を大募集中です★
「みんなでつくる短歌bot」の「みんな」とは、このツイートを見ているみなさんです。なるべく多くのいろんな短歌をご紹介していきたいです。誰のどんな短歌でもOKです。ぜひリプライかDM(誰からでも受け取れる設定になってます)でお寄せください!
@minna_no_tanka


連日書いてますが、RTの件お願いします。オレの企画にしてはたくさんの人に協力していただけて感謝感激なのでありますが、それでもいまの状態ではとてもとても「みんなでつくる」短歌botとはいえません。

いろいろ考えますよ。関心をもってくださるたくさんの方がいるのは分かっていますが、そのみなさんに、今から何を言えば歌を寄せてもらえるのだろうと。どうしたら見る阿呆ではなく踊る阿呆になってもらえるのか。踊らねば損だと思ってもらえるのか。

DMで応募すれば誰がリクエストしたかはわからない仕組みです。恥をかくことはありません。
これは今まで誰もやらなかった試みで、前例がありません。前例も空気も気にする必要はありません。

工藤がいやがりそうなあんな人やこんな人の歌でももちろんOKです(誰なんだ)。
ちなみに工藤の歌を推薦してくださった方はこれまでに一人もいません! 全然OKです!!(泣いてません!)


いつものURLを貼っておきます。

「みんなでつくる短歌bot」始まります! : https://t.co/bpRy8q2CVZ

オレの思う「みんなでつくる」短歌は、300人以上・500首以上です。それくらいでようやくbotとして成立です。あんまり歌が少ないと同じ歌ばかりで飽きられてしまう。多いなら多いほどいい。混沌と豊穣でありたい。

たとえば一年たっても収録歌が200以下だったら、「第二期」として再度の募集をかけることも考える。一回出した人もあと三首出せるの。
でもできれば一人3首以下で揃えていきたい。そもそも開始三日目で考えることじゃない。今は募集をかけていきます。

しかし宣伝ってむずかしい。自分で「前代未聞の試み」とか言ったら恥ずかしい。そのときのテンションによっては言っちゃうけど。ゴリゴリ押しすぎていやがられてもいけない。

ブログに「お一人様がリクエストできるのは三首までとなっております。」「72時間以内に返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡をお願いいたします。」を書き足しました。後者のようなことはないものと思っていますが、一応です。

「くれぐれも誤字脱字にはご注意ください。あきらかにおかしい場合は確認しますが、基本的にはこちらでは直さず、いただいたまま収録します。」を目立つように青文字で書き足しました。

妙な字足らずの歌をいただいて、おやっと思って調べたらほんとにそういう歌だったことがありました。いろいろな歌があるものだなあ……。




……なんていうことを昨日はツイートした。


▼▼▼



☆有料記事のご案内
noteの「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。ここでしか読めない記事がたくさんあります。

そろそろいいかなと思って公開する文章【1】
https://note.mu/mk7911/n/n66ad07437797

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n19f14f84b358


などなど、500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 06:56