2017年11月15日

ぬらっ。アンケート結果でました

ぬらっ


「野性時代」12月号の「野性歌壇」に佳作で短歌が掲載されました。
出してないからチェックしなくていいやと思ってたら、出していた。







https://t.co/VGtR6ptFoq
アンケートやった。

アンケートします。短歌botのツイートの頻度、あなたはどれくらいがいい?

1時間に一回かそれ以上 9%
2時間に一回 24%
3時間か4時間に一回 31%
5時間に一回かそれ以下 36%
45票いただいた。ご協力ありがとうございました。






https://t.co/Oh20jcvY2Y
リクエスト短歌botの企画ツイートがじわじわ伸びている。
「100で実現」と書いたけど、100いいねなのか100RTなのか両方100なのか合計100なのかも書いてなかった。

やることになるかもと考えて、一応アカウントをつくってみた。

ひさしぶりにアカウントをつくったら、すこし勝手がちがっていた。電話番号のかわりにメールアドレスを入れられるようになっていた。入れたら「あなたのアカウント作成ができませんでした」と出た。
それで検索して調べた。
メールアドレスを「捨てアド」というアプリで作ったやつではなくGmailを新規でつくってみた。そしたら通った。
通ったら、結局電話を使ったツイッター認証コードが必要になった。電話番号はほかのアカウントと同じにはできない。
だから、ほかのアカウントに登録してある電話番号をみんな削除して、新しいアカウントに入力して認証した。それでまあ、なんとかあたらしいアカウントをつくることができた。
「みんなでつくる短歌bot」とした。





開始してみたら思いのほか歌が集まらなくて、同じような十首や二十首をいつまでも流し続けるbotができる……というのだけは避けたいな。

いまのところ24RT80いいねで、合計は100超えている。
RTした人(やってみたい人)のうち3分の2がやってくれて、
いいねした人(興味のある人)のうち5分の1がやってくれるとして、32人。
その他のすこしの人が聞きつけて参加してくれるとして、100首スタートなら悪くないぞ。

さっきのアンケートの結果をうけて、4時間か6時間に1ツイートにしよう。




▼▼▼



☆有料記事のご案内
noteの「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。ここでしか読めない記事がたくさんあります。

さっそく角川短歌賞のことを書こうじゃないか、または、オレと新人賞の六年間
https://note.mu/mk7911/n/n6b6c4aca0c22

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n19f14f84b358



などなど、500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 09:17