2017年05月15日

ぬらっ。古典にはじかれる

ぬらっ


毎日のやるべきことが完全に終わらないまま眠くなって寝てしまう。うーむ。






桃尻語訳枕草子、100ページくらいまで読んだが、なかなかつらい。
1ページごとにあたらしい言葉が出てきて覚えなきゃいけない。そんで、内容は貴族の話で「素敵なのォ!」ばっかりだ。こちらに見えないものを素敵素敵と言われてもなあ。そんなん知らないし。
そのころの貴族に興味があれば、読んでてもっと面白いんじゃないかな。
くだいて訳されていても、中身はなかなかスッと入ってこない。


1000年ってすごく長い月日なんだな。そのことを感じている。
訳の橋本さんがこんなに近づけようとしているのに、それでもこんなに遠い。


下巻も買っちゃったしなあ。
上下巻をそろえたけど、そのあとになって上中下の三巻セットだと知った。中を買おうか迷っていたけど、上を読みおわった時点でつまんなかったら終わりにしよう。

入りかけた古典に、はじき返されてしまった。



▼▼







2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:13