2018年01月

2018年01月31日

ぬらっ。腰痛い

ぬらっ



"M. Haydn - P 28, MH 475 - Symphony No. 36 in B flat major"
https://t.co/vxULakRJwB
ミヒャエル・ハイドンの交響曲P28を聴いた。ひとつとばしてしまったので、それは明日聴く。
9分3楽章の交響曲。フィナーレの盛り上げかたが、なかなかいい。







腰痛い。いやな予感する。大事にしたい。2010年くらいに大きな(オレ比)腰痛をやって、それからはわりと落ち着いていた。
「オレ比」は「当社比」のオレ版です。



短歌クラスタっていう言葉にそろそろ抵抗なくなってきた



NHK短歌大会の本を読み終わった。



昨日、もうおとといになったけど、坂をのぼってたら「ネットプリント短歌賞」って言葉が降りてきた。

やらないよ。全部読めないし、表彰したころには終了してるし、オレがひとりで選ぶとかたよるし、そもそも賞とかがあると窮屈になるでしょう。



▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

2017年12月のオレの短歌とその余談(未来賞のことをもっと書く)
https://note.mu/mk7911/n/n4bd278ad4661

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 09:03|Permalink

2018年01月30日

ぬらっ。問題集

ぬらっ


"M. Haydn - P 26, MH 473 - Symphony No. 34 in E flat major"
https://t.co/5fEnV5ZjiM
ミヒャエル・ハイドンの交響曲P26は8分の交響曲。全部で3楽章。2楽章アダージェットはゆったりしていてなかなかいい。ファゴットのソロがある。3楽章はフーガで盛り上がる。






東ヨーロッパのあたりで、銃撃戦にまきこまれて死ぬ夢だった。
死んだあとのことが見えていて、オレを撃ったひとたちがほかのやつらに並ばされて一斉に撃たれて死んでいた。

そのあと再び撃たれる前にもどって、また同じように撃たれた。こんどはかろうじて生きていて、日本人の作家だという人に助けられ、帰国できた。生きていてうれしかったし、はげまされてうれしかった。






歌広場淳さんのコメントした帯がついてる本を見かけた。ふむ



現代詩手帖の瀬戸夏子さんの時評で、天才歌人ヤマダ・ワタルに対してネットの反響がすくないことが書かれていた。そうね。
オレは感想ツイート連投したうえにそれをブログふたつにまとめるっていうウルサイやり方をした。ネットプリントの出し方を知らない人のために、その説明までしたんだよ。
それでもそれを全力で押すところまでいけなかったのは、オレ自身がどこまで読めてるか自信がなかったからよ



すごくひさしぶりに中島みゆき「問題集」を聴いたけど、なかなか聴かせるなあと思った。
一度聴いて、もう無理かなと思ってそのままになっていたのだった。



▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

2017年12月のオレの短歌とその余談(未来賞のことをもっと書く)
https://note.mu/mk7911/n/n4bd278ad4661

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 06:09|Permalink

2018年01月29日

ぬらっ。夜話二

ぬらっ




"M. Haydn - P 25, MH 438 - Overture to Andromeda e Perseo"
https://t.co/CHB1DJxISr
ミヒャエル・ハイドンのP25はオペラの序曲。4分しかない。







"【ゲームゆっくり解説】ドラクエ3改訂版-ゲーム夜話【第1回-前編】" https://t.co/o1lyLz5Huf
この動画シリーズがおもしろくて最近見ている。ゲームの名作が、どのように人の心をつかんでいるかを丁寧に考察する動画。
「さいごのカギ」に関する話をする人がドラクエ3の世界のなかに15人もいる。意外と「聞き込み」のゲームだったんだな。



"【ゆっくり解説】ゲーム夜話 スーパーマリオブラザーズ【第4回 前編】" https://t.co/5Pzv6AELuJ
マリオの考察では、マリオの難易度調整の丁寧さが考察されていた。マリオのジャンプ力を中心にステージがつくられている、という考察には発見があった。
反射神経ではなくタイミングのゲームであることが人気の秘密、などということもわかりやすく説明されている。



"【ゆっくりゲーム解説】ゲーム夜話-ファイナルファンタジーⅨ(FFⅩ)【第5回 前編】" https://t.co/V75wKV7Kc6
ファイナルファンタジー9のジタンが成熟したキャラクターで、FF10では逆に主人公ティーダ以外が成熟しているという指摘がおもしろい。
コミカルな場面とシリアスな場面がセットになっているというのは気がつかなかったな
あと、オレが全然おぼえてないようなところにこの動画の作成者の感動のポイントがあって、そういうところも良かったな。
キャラに動きをつけられないゲームは台詞で感情を表現するという話。変わった語尾で性格をあらわすやり方。



"【マリオ3】マリオ3のレベルデザイン-ゲームゆっくり解説【第17回前編-ゲーム夜話】" https://t.co/xyqMrTqXPn
マリオ3は「空を飛べる」っていうのをあんなに打ち出しているにもかかわらず、空を飛ばなければクリアできない面が二つしかないという指摘がある。なるほど。
ハンマーマリオ、たぬきマリオ、カエルマリオのような、なくてもよい部分の豊かさ。面白さがおしつけられない。「提案」される。



"【ゲームゆっくり解説】ICO-ゲーム夜話【第9回-前編】" https://t.co/xVPYCqRw8U



「100分de名著」のゲーム版みたいな感じか。
テレビが絶対やらないようなことに動画や配信で取り組んでいる人々がいる。



▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

2017年12月のオレの短歌とその余談(未来賞のことをもっと書く)
https://note.mu/mk7911/n/n4bd278ad4661

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 08:10|Permalink

2018年01月28日

ぬらっ。著者のプロフィール

ぬらっ



"M. Haydn - P 24, MH 425 - Symphony No. 33 in B flat major"
https://t.co/7vMdkUTLv0
ミヒャエル・ハイドンの交響曲P24を聴いた。3楽章にもどった。アダージェットなんてマーラー以外ではじめて見たかも。
どうしても寝てしまう。

あらためて聴いたが、動画の説明欄とはちがって4楽章ある。楽器が多くて豪華絢爛だ。







最近、まとまった量の図書カードを手にする機会があった。なんの本に使おうか考えて、大西久美子さんと蒼井杏さんの歌集にした。未来賞を同時受賞したということで、読んでおかなければいけないだろうと。

本屋でひらいて少し読んで、今のオレにはべつに必要ないだろうと思って棚にもどして、いややっぱり同時受賞だから読んでおくべきだろうよ、みたいなことを二、三度くりかえしての購入だった。
そういうのと関係ない『しんくわ』も、こちらは中身がおもしろそうだから買った。

全部見比べたわけではないが、新鋭短歌シリーズの著者の自己紹介ってわりと短くまとまっていることが多い。
どこにいつから所属している&いつどんな賞をとった。所属や賞がない場合は、学歴とか活動とか短歌をはじめたきっかけなどが書かれる。

オレだとどうなるだろう。

工藤吉生(くどう・よしお)
1979年生まれ。宮城県仙台市在住。
2012年 塔短歌会入会。
2014年 短歌研究新人賞候補。
2015年 塔短歌会退会。未来短歌会入会。
2017年度 未来賞。


所属と賞があるから、わりと書くことはある。
「短歌研究新人賞候補」が弱いなら〈2016年 NHK短歌 年間大賞〉にさしかえてもいい。


同時受賞の話にもどると、オレ以外のおふたりに共通してるのは、
1.新鋭短歌シリーズで歌集を出している
2.ほかの結社から「未来」にきた
3.中城ふみ子賞に関わりがある
ってところか。こうなると、中城ふみ子賞が気になってくるねえ。出したことないんです。



▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

2017年12月のオレの短歌とその余談(未来賞のことをもっと書く)
https://note.mu/mk7911/n/n4bd278ad4661

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 18:56|Permalink

2018年01月27日

ぬらっ。質問サービス

ぬらっ


今日のは長い。

質問箱にいってみたら、1/25に規約が変わったとある。見直したけどよくわからない。「質問箱 規約」でツイッターを探すといろいろでてきた。規約が変わったから退会する、というツイートが多かった。

それより、またあたらしい質問サービスができているようで、そっちに目がいった。また質問サービスかー、と思ったけど、なんとなく始めることにした。


匿名のメッセージを受け付けています!
https://t.co/BuJEK6OqiX #悪口が来ない質問サービスのマシュマロ

これに登録してみた

おもしろそうワクワクしそうというのはあんまりなくて、とりあえずあたらしいものを見つけると乗っかりたくなるのと、優しそうで感じがいいから登録してみた。

この「マシュマロ」はAIが悪口や卑猥な言葉を勝手にはじいて届かなくするんだそうだ。それってどうなんだろうか。単語レベルでの悪口は回避できるにしても、ほんとの悪意ってそこを越えてくる。
そこを越えてくる、にしても一定の効果は期待できる。それより悪くないものをはじきそうな不安のほうが大きい。利用者の声を聞きながら運営してるんだそうで、見守ってみたい。

なにかにあたらしく登録して自分のページができるのが好きなんだよ。
なんかきたらまた57577で回答する。

どちらかというとオレが傷つける側になる危険があるのよ。ドン・キホーテは風車を敵とみなして挑んでいったんだっけ。同じようなものだ。



https://t.co/n131ynwaPj
「お題箱」

っていうサービスもあるんですね。質問のほかにリクエストができるとか。これもなんとなく登録してみた。



私に"好き"を伝えてください。 https://t.co/pAGwjxiScf
「ラブレター」というサービスを始めてみた。なんかはずかしい

質問箱に質問じゃないことを書いてしまうって人がいたんだけど、そういう人のサービスですね。



ebc6b987.jpg












ありがとう。といっても、これは両方オレなんだけども
#ラブレター #love_letter_mk7911
https://t.co/bR8RWQu6NT https://t.co/SeNVzkdju4




なるほど、こんな感じになるのか。語尾のハートは勝手についてきた。

自分で打ったメッセージでもちょっとうれしい。「自分のわきの下を自分でくすぐって笑うような生き方」だ


ふつうの質問は「質問箱」に、
リクエスト的なことがあれば「お題箱」に、
ぜひ工藤を励ましたいという奇特な匿名の人は「ラブレター」にどうぞ。
っていうふうにすると「マシュマロ」の入る隙間がないなあ。
質問箱で満足している人がマシュマロを使う理由ってなんだろう? 思いつかない。


質問箱
https://t.co/SbZxvead0h
マシュマロ
https://t.co/JDokJg62g1
お題箱
https://t.co/n131ynwaPj
ラブレター
https://t.co/pAGwjxiScf
ask
https://t.co/zS9s6TLlWS







"M. Haydn - P 23, MH 420 - Symphony No. 32 in D major"
https://t.co/oTpjEwu4HE
ミヒャエル・ハイドンの交響曲P23を聴いた。2楽章で8分しかない。どちらの楽章もジャンジャン盛り上げている。








出身はどちら、ってけっこうきかれるんだよな。生まれは千葉だが、千葉の記憶はないことを毎回言う。

オレはどこ出身歌人なのか?
どの結社やグループの人よりも、短歌をはじめたころからずっと(といっても数年だけど)ツイッターを見つづけてきた歌人さんには、思い入れというか親近感がある。会ったことがあると特に。向こうはどうか知らないがオレのほうは近い気がしている。

たとえば、響乃さん木下さん岡野さん牛さんじゃこさん和馬さん左足さんたきおとさんむしたけさんうずめさんあみーさん、このあたりの方たちはずっとオレの視界にいて、オレに影響を与えている。この方たちに何かあると、感じるものがほかより大きい。

この方たちをまとめる総称はないんだけど、とにかくこのへんに自分が属している感じがある。
そういう近い(とオレが感じている)位置に檀可南子さんもいて、ネットプリントを出したというので読んでみた。それはメインのブログに書いた。



▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

2017年12月のオレの短歌とその余談(未来賞のことをもっと書く)
https://note.mu/mk7911/n/n4bd278ad4661

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 13:25|Permalink

2018年01月26日

ぬらっ。夜話

ぬらっ



"M. Haydn - P 22, MH 405 - Symphony No. 31 in F major"
https://t.co/mMX7RO1WXo

ミヒャエル・ハイドンの交響曲P22を聴いた。ヴァイオリンとオーボエのソロがかけあいをする2楽章、狩猟ふうのリズムの3楽章。

なかなか個性がある人だ。ところどころで細かく「おやっ」と思わせる、変わったことをしている。

ところでこの人はハイドンといっても有名なヨーゼフ・ハイドンの弟であって、別人だ。
なので「工藤はハイドンが好き」でくくられてはこまる。別の人生を歩んだ別の作曲家を聴いているのに。








"【ゆっくり解説】ゲーム夜話 タクティクスオウガ【第3回 前編】"
https://t.co/gBuiK2WzO3
このシリーズ、いま見つけたけど素晴らしい。ゲームでドキドキワクワクする気持ちがよみがえってきた







ほとんどなにもなし。本もあまり進まない。昼飯が肉まんだった。




▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

2017年12月のオレの短歌とその余談(未来賞のことをもっと書く)
https://note.mu/mk7911/n/n4bd278ad4661

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 12:19|Permalink

2018年01月25日

ぬらっ。プラスマイナス0

ぬらっ




"M. Haydn - P 21, MH 399 - Symphony No. 30 in D major"
https://t.co/J3rwSoDPIE
ミヒャエル・ハイドンの交響曲P21を聴いた。これも三楽章。みじかくていいけど、それでも何度きいても寝てしまう。







工藤吉生が選ぶ #2017下半期短歌大賞 50首 : ▼存在しない何かへの憧れ https://t.co/H4vVsenmvu
感想を書くつもりだったが、モチベーションが上がらず、一月も下旬になってしまい、断念した。







職場に予定より30分早く着いて、空いた時間をいかして10首つくった。しめしめ、と思っていたが、今になってよく見たら出来が悪くてプラスマイナス0。つくってるときはたのしかった。
4首くらいしか許容範囲にとどいていない。



「未来」1月号、石井僚一歌集を読みおわった。「66」作品の部分を読みおわった。


よく知らない人がオレのことを勝手に分析してくる。たいして過去のものも読まずに。オレを論じたいなら有料マガジンくらいは買ってからにしてほしい。



▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

2017年12月のオレの短歌とその余談(未来賞のことをもっと書く)
https://note.mu/mk7911/n/n4bd278ad4661

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 06:16|Permalink