2017年03月

2017年03月24日

ぬらっ。消されたものを探した

ぬらっ



あるサイトから消されたものを探し回った。Gに行けばあると知り、そこへ行ったが見つからない以前に探しづらい。
Eへ行けばあるとも聞いてそこへ行ったらある程度みつかった。そこでは無料でつかえる部分に制限があるが、キャッシュを消せば復活できると知り、そうした。

なくなったと思ったものに再会できてよかった。その一方で、一番見たいものは見つからなかった。それは残念。
ネットサーフィンはおもいのほか時間を消費する。

一番見たいものを探すためにまだ時間を消費することになりそうだ。






五首くらい短歌つくった。
ダメな歌ばかりでも、作ると落ち着く。発表するかはわからんな。

読書が進まない。



▼▼▼



抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:48|Permalink

2017年03月23日

ぬらっ。細木数子さんからのメール

ぬらっ



好きな人とスカイダイビングする夢だった。
すごい高いところから飛行機を飛び降りる。落下しながら風を感じている。二人で手をつないで、同じ速度で落下する。でも実はこれは心中で、そのまま死ぬのだ。地面がちかづいてくる。ドサ、と落ちたとたんに視界がすんごい虹色になって素晴らしかった。

夢のなかでは充実している。







細木数子さんからメールきた https://twitter.com/mk7911/status/844536387206447104/photo/1

add42f29.png










地球に似た惑星がこのタイミングで7つも同時に見つかるなんておかしいと思わないかしら。
ここには深い理由があるのよ!

古代エジプトの壁画にはまだヘリコプターがない時代なのにヘリコプターやUFOの壁画が描かれてるわ!
なぜだと思うかしら。



なぜだと思うかしら。



手相を見ればわかるけどあなたは本来宇宙エネルギーの中でも一番強い黄金のオーラを持ってるのよ。
それなのに本来の力の10分の1くらいしか使えてないわ。
それを邪魔してるのが邪気よ!

その邪気を取り除くから手相を見せて頂戴。
手相を見て気功を開くわよ!



むずかしくて頭がいたくなる。
手相を見ればわかることを手相を見る前から知ってるけど手相を見せろという。黄金のオーラと宇宙エネルギーと気功がごっちゃごちゃだ。

生年月日と手相の画像を求めてくる内容で、ちょっと新しかった。







NHK俳句とNHK短歌に掲載されました(2017年4月号) - orangeProse別館
http://hidex7777.hatenablog.com/entry/2017/03/22/215929

ブログで話題にしていただきました。

「ぼくがこうやって俳句とか短歌とかが何かに掲載されるたびにいちいちブログで報告するというダサかっこ悪いことをしている理由は、工藤さんがやっていたからだ。

ダサかっこいいことはかっこ悪いが、ダサかっこ悪いことはかっこいい、という感じがする。なんとなくだけど。」

だそうです。

悪く言われてるようでそうでもないという、そういうところですね。

掲載があれば報告するのは、かっこよくもわるくもなくて普通だと思ってます。
オレが小さい頃は「かっこつけマン」という悪口があったなあ。


それでもオレは自分ではひかえめだと思ってるんだよ。この方みたいに発売されたばかりの雑誌の誌面を画像でアップしないし。
雑誌に掲載されたものは雑誌で読めばいいので、本屋で読めるうちはなるべくネットに作品を出さない。雑誌に出てるよとは言うけども。雑誌のためにも。

現代短歌の特選の作品だって自分ではまだどこにも書いていない。奥村晃作さんがツイートしてらしたけども。
NHK短歌テキストの佳作の歌もどこにも出してない。この方がブログでアップしたから見れるようになったけども。
オレはオレなりに考えてネットに出したり出さなかったりしてます。



ほめられてそれをリツイートすることもしないし。引用されてそれをリツイートすることもしない。オレにはオレの羞恥心がある。

それなのにじゃあ知らないブログで名前を出されるとわりと反応するっていうのは、なんだろうね。ツイッターとブログの感覚のちがいなのか、これが今オレの言いたいことと重なっていたのか。




新聞と結社誌は例外で、載ったのをすぐオレはネットに出しちゃうんで、それを見たのかもしれないね。
新聞は翌日になれば手に入りづらくなるし結社誌は会員以外には届きにくい。「全国の書店やコンビニでいま読めないもの」がオレがネットに出す基準ってわけだな。

いずれにしても、オレが(一周まわって)かっこいいから真似したということなので、ありがとうございました。なにかの参考になったのならよかったです。感謝




▼▼▼



抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 01:49|Permalink

2017年03月22日

ぬらっ。何をしても楽しくない時

ぬらっ



"【何をしても楽しくない時に聞く話】つまらない人生を楽しくする方法"
https://youtu.be/oHGZp3TvI-8
検索してて見つけたやつ

月とか週で見れば全然たのしくないことはないけど、日で見れば、退屈でたまらない日はある。

自分はなにが好きなのか、どう生きていきたいのか一人でじっと考えてみなさいという話だった。大好きな人や憧れの人がいるなら会いに行きなさいって言ってた。



ほんとに退屈で無気力な夜だ。やることあるのにやりたくない。読んでるものを放り出してしまった。「未来」が読み進められない。もっと飛ばして読むべきか。
作歌もできず。

だから自分にイライラしている。
オレは歌人だというならもっと短歌を好きじゃなきゃいけないんじゃないのか。こんなにたびたび退屈しているようでいいんだろうか。
人の作品が退屈だったら自分は退屈でないものを作りたいものだが。所属してる場所が退屈なのは問題だ。毎月退屈な厚い本が送られてくるなんてたまらない。たまたま今日はそう感じるというだけならいいな。いままではそんなに退屈じゃなかったんだから、調子の問題だろう、たぶん。

苦痛になる付き合いかたはなるべくしないように気をつけよう。たのしいからやってる、はずだ。






流行ってるゲームアプリ「スリザリオ」いわゆるミミズゲームをやったが20分でつまらなくなってやめた。
見てるほうがたのしいな。







抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 07:12|Permalink

2017年03月21日

ぬらっ。カテゴリ

ぬらっ



ツイッター短歌史


【2017.3.19】
塾カレーさんのハッシュタグ「#どうして短歌やってるんですか」
最初のツイートはこれ。本文はタグのみ。
https://twitter.com/bozumarukome/status/843420881808379904

オレはどうしてだろうな。そこに見出だしたから?






読書なし。
ツイートは二冊。
雑誌に投稿。







存在しない何かへの憧れ
http://blog.livedoor.jp/mk7911/


短歌関連の書籍など (707)
短歌の総合誌の感想 (185)
短歌結社「未来」 (22)
短歌結社「塔」 (118)
篠弘『現代短歌史』 (25)
小高賢による新書館の短歌入門書 (50)
古典和歌を勉強する (26)
新聞歌壇 (90)
その他、短歌に関すること (125)


自分のブログ大好きなんだけど、カテゴリ別の記事の数を見ていたら、バランスが悪いことに気づいた。「短歌関連の書籍など」ってざっくりしすぎだ。これをどうにかしよう。「歌集の感想」カテゴリを置こう。

読んだら記事にするっていうのが決まってると、記事の数で、どんなのを何冊読んだかがわかる。おもしろい。前後編に分けたのがあるから実際はこれより少ない。
よく見たら「短歌関連の書籍など」は親カテゴリだった。小さいカテゴリを束ねるカテゴリだからざっくりでいいのだ。
それでも300冊くらいの本がそのざっくりした分類のままなので、改善の余地がある。ちょっと作業してみよう。


作業おわり。「歌集の感想」は99記事あった。どこまでが歌集かはむずかしいところなんだが、あんまり気にせず決めた。抜粋を集めたのも歌集としてあつかう。
「なんたる星」の記事が20を超えたのでひとつのカテゴリにした。

短歌関連の書籍など (712)
歌集の感想 (99)
短歌の総合誌の感想 (185)
短歌結社「未来」 (22)
短歌結社「塔」 (118)
なんたる星 (24)
篠弘『現代短歌史』 (25)
小高賢による新書館の短歌入門書 (50)
古典和歌を勉強する (26)
新聞歌壇 (90)
その他、短歌に関すること (125)









抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:30|Permalink

2017年03月20日

ぬらっ。ロボットが人を恐れるようになるまでは人がロボットを恐れる必要はない

ぬらっ


読んだ本のおもしろかったところ。

『ゲームで泣いたこと、ありますか?』
という本は、ゲームの裏側にがんばってる人たちの顔が見えてよかった。
「話題になりさえすればよい」ではなく、自分の本当に好きなことのためにがんばること。

でもやっぱり、プレイしてるときがゲームなんだと思うよ。画面に映ってるものとそれを動かすことがゲームなんだと思う。それについて書かれてないのだから、ゲームの本とはちがう。


『ウェブに夢見るバカ』は、オレのことを言ってるみたいなタイトルの本だ。
ツイートの形で書いてあるところがおもしろい。やっぱり、一行で言い切るものがオレは好きなんだな。
「双方向性の利益はすぐに負債に変わる」
「地獄とは他人の自撮り写真である」
「ロボットが人を恐れるようになるまでは人がロボットを恐れる必要はない」
などなど。



『深爪式』
嫉妬の克服法として出産や宗教があげられている。
めんどうくささの対処法として、「今やれば後がめちゃくちゃ楽」と自分に言い聞かせることが書いてある。
また、「野良犬に噛まれたと思ってあきらめる」という言い回しが複数回でてきた。自分に言い聞かせたり、ほかことに置き換えたりするのが負の感情を切り抜けるポイントか。


そんなに面白かったんなら買えばいいんだが、どれも立ち読みで満足してしまった。






NHK短歌テキスト4月号の「短歌de胸キュン」の「驚く」に佳作で掲載された。
そのほかはボツがつづいている。

読書すすまず、ツイートせず。

笹井宏之『ひとさらい』『てんとろり』買った。






サンマルクのココナッツシュガーパイ(シュガーココナッツパイ?)150円がおいしかった。






抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:37|Permalink

2017年03月19日

ぬらっ。トンネル

ぬらっ




短歌史の本で「文壇照魔鏡」というのが出てきた。本にはあまり詳しく書いてないからそれについて検索したら詳しく出てきて、こわがったりした。





五島諭『緑の祠』読み終えた。






tunnelbearというアプリをインストールした。
それをいじくっていろいろやった。



実は書きためている文章がある。
有料マガジンに出そうかと思ったが、有料でもあぶない内容なのでどこにも出さない。オレが自分で読むだけだ。
まだ危なくなってはいないんだけど、この方向でずっといくと、やがてはどうなるかわからない。


掘っているトンネルがある。これがどこか未知の場所に通じるのか、それとも崩れてしまうのか。









成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 08:38|Permalink

2017年03月18日

ぬらっ。ボクサー

ぬらっ


島田修三『短歌入門』から、以下の短歌を「名歌を集めた短歌bot」 @tankabot1 に入れた。



子がわれかわれが子なのかわからぬまで子を抱き湯に入り子を抱き眠る  河野裕子
朝に見て昼には呼びて夜は触れ確かめをらねば子は消ゆるもの  河野裕子
侵攻はレイプに似つつ八月の涸谷(ワジ)越えてきし砂にまみるる  黒木三千代
疲労つもりて引出ししヘルペスなりといふ八十年生きればそりやぁあなた  斎藤史
あきらかに地球の裏の海戦をわれはたのしむ初鰹食ひ  小池光
そこに出てゐるごはんをたべよといふこゑすゆふべの闇のふかき奥より  小池光



それ以外に、こんな歌が心に残った。


ママが嫌う私をわたしも嫌ってる公園通りルナカルナバル/蛯名泰洋『イーハトーブ喪失』







"The Boxer (1977) - Shuji Terayama"
https://youtu.be/n2TmwyC_E6o


見た。
ボクシングにそれほど興味なかったんだけど寺山なので見た。
すべてを憎むと言ってボクシングしたり、じぶんの写真をサンドバッグに貼りつけて練習してるのがよかった。


古い映画なので特訓でウサギ跳びしたり、ぼろい部屋で酒を飲んだくれてバカヤローと言ったりしている。
古いもの見るたびに、ダサさってどこからくるんだろうなと思う。どういう力がはたらいているんだろう。インターネットだって15年たったらしっかりダサくなる。


振り返ると熱血と根性のボクサー成長物語なんだけど、見てるあいだはおもしろかった。こまかいところに寺山っぽさ、と言っていいのかわからないが面白味があった。
妙なタイミングでチンドン屋が通りかかったり、男女のシーンで子供の声がするとか、でかいホラを吹いて人々の関心を集める女とか。






まだ「にんげんっていいな」の替え歌が流行っている。
ハヤリスタリという言葉があるが、ツイッターでは48時間以上つづけば長い流行のうちに入れていいんじゃないか。


それより、二十代前半とかでもわりとみんなこの歌を知ってるのがうれしいよ。



80年代なかばにアニメソングとかが入ったカセットテープを買ってもらったんだけど、そのなかに「にんげんっていいな」がはいってた。
ほかには「新メイプルタウン物語 パームタウン編」の主題歌とか「おもいっきり探偵団 覇亜怒組」のテーマ曲とか入ってたけど、みんな今ではマニアックなものとなった。

なんか橋本潮さんの歌が多く入ってるカセットテープだったな。それ一本しか音楽のテープがないから、そればっかり聴いてたんだよ。
だからオレのなかではアニソン女王は橋本潮さんですね。「ロマンティックあげるよ」とかエスパー魔美の歌が有名な人だ。

その次に入手したカセットテープが、進研ゼミの教材の九九の歌のテープだった。歌って九九を覚えられるの。1986年ごろか。
二本しかカセットテープがないから相当聴いたはずだけど、それに合わせて歌って九九を覚えたりはしなかった。

それからしばらく間が空いて、中学一年くらいにまたカセットテープを聴くんだけど、今度は空のテープを買って自分でラジオから録音してた。
そこからの話は以前どこかに書いたからもういい。






「短歌生活」読んだ。
尼崎武『新しい猫背の星』読んだ。
その勢いで五島諭『緑の祠』を読みはじめたら、一首一首が重くて進めなかった。これはじっくりいこう。短歌には、それぞれ読むペースというものがあるようだ。


寺山修司『書を捨てよ、町へ出よう』の内容をまとめた。すぐにブログ記事にできる状態にした。

だいぶ積んである本は減ってきた。かんたんそうなのから片付けている。








成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:33|Permalink