2016年11月

2016年11月30日

ぬらっ。アプリ連携/クラブ退会

ぬらっ。



いやはや。

時間がたりないよ。



現代の百人一首を読んで、それに刺激を受けて百人一首をつくった。それを選ぶのとツイートしてまとめるのでいっぱいいっぱいだった。






枡野浩一のbot @masunobot がスパムのリンクをつぶやいたという報告を受けて、それの対応をした。
アプリ連携について調べて、連携を外しまくった。知らないうちにいろいろ連携しているものだ。そして、それをチェックするのがこまかくてめんどくさい。一度覚えてしまえばどうってことはないんだが。
それにも時間をとられた。





今月は作歌がノルマを満たせない見通しだ。
投稿を減らす。うたう★クラブに今月は出さないことにした。今後出すかどうかもわからない。
2012年春から投稿しはじめ、横山さん以外の三人の選者(ここでは「コーチ」と呼ぶ)から「うたう★クラブ賞」をもらい、すべてのコーチとメールのやりとりをした。
これだけ経験したんだから、そろそろいいだろう。やるだけやった。
それに、ここで載った歌はほとんど他では話題にならない。載りっぱなしで広がりがない。次の「うたう★クラブ大賞」まで粘りたかったが、いつあるのか見通しがつかない。
毎月五首はけっこう多いし、ちょっと考えなきゃいけない。

短歌研究に無理に載らなくたっていいじゃないか、死ぬわけじゃないし、と思いはじめた。






ほかにもいろんな習慣があるが、時間が足りないので、効果のないものは切っていこう。手書きの短歌はやらなくてもいい気がしてきた。頻度を下げていく。またやりたくなるかもしれないから終了宣言はしない。






有料マガジンは購入者が増えている。

仙台文学館の穂村弘さんの講座に参加しました|mk7911|note(ノート)
https://t.co/FhbfIeXw0w
有料マガジンを更新しました。500円ですべての記事が読めます。


mk7911 at 19:35|Permalink

2016年11月29日

ぬらっ。ふたつのよろこびなど

ぬらっ。


読売歌壇の二席になったのが朝のよろこび。あとでちゃんと書くだろう。NAVERにはまとめてある。これもあとでちゃんとURLを貼る。


同人誌「短歌ホリック」が届いたのが昼のよろこび。短歌を一首推した。一番に載っているのがいい。おそらく最も早く送ったからだ。これもたぶんあとでちゃんと書く。

角川「短歌」11月号についてツイートした。これはブログにまとまる。ツイートしたい本があと8冊。あんまり貯めたくない。


……

と書いて昨日更新したつもりだったが、されていなかった。

短歌ホリックの廣野さんの百人一首に影響されて百首えらんだ。


mk7911 at 11:49|Permalink

2016年11月27日

ぬらっ。ブックカフェ、図書館、文学館の講座

ぬらっ。

きのうは「せんだい文学塾」として穂村弘さんに会いに行った。



そのまえに。

朝から落ち着かず、部屋にいられなかった。

教えていただいたばかりのブックカフェ「火星の庭」にさっそく行った。すごく雰囲気がよい。
ただ、短歌の本はあんまりない。気になる全集、作品集があった。いずれも厚い本。すぐ帰った。

それからメディアテークに行った。川柳の本を少し見たりした。サラリーマン川柳、シルバー川柳以外の本はほんとに少ない。
机の競争率が激しく、書き写しながら読みたいオレには向いていない。

昼はパスタ食べた。三時間も余った。歩きながら作歌した。あまり作れなかった。

待ってたらそれっぽい人がいたけど話しかけられない。誰も反応しないけど、誰も穂村弘の顔を知らないのか? と思った。

講座やそのあとの懇親会のことについては有料マガジンに書きます。
講座についてオレより早くまとめたブログがある。
せんだい文学塾2016年11月講座 講師:穂村弘 - almost everyday.
http://almosteveryday.hatenablog.com/entry/20161126/1480171526
なかなかこまかい。忠実だ。



帰宅。お会いできた方、持っていったフリーペーパーをもらってくださった方、ありがとうございました。

「あんた有名人じゃん」
「知ってます」
「ブログ読んでます」
という言葉を初対面の三人の方からそれぞれいただいた。これがうれしい。

歌人から著書にサインしてもらうのは四人目。欲しい人のはだいたい出揃った。サインをもらうための列に並んだのは初めて。けっこううれしい自分に気づいた。

穂村さんに失礼なこと言ったかもしれない。見てたらごめんなさい……
とツイートした。
懇親会のオレの向かいの席の人も「穂村さんにもっとあんなことを言えばよかった、こんなことを言えばよかった」と悔やんでいたし、これはこういうものなのかもしれない。


くわしいことは有料マガジンで。

仙台文学館の穂村弘さんの講座に参加しました|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nc121e90d1976
有料マガジンを更新しました。500円ですべての記事が読めます。

mk7911 at 21:44|Permalink

2016年11月26日

ぬらっ。「未来」それぞれの欄の人数をかぞえた

ぬらっ。



AKBの指原さんが「アンチは無料の宣伝マン」と言ったと聞いた。これはいいことを聞いた。若い女性が打たれ強く活動しているのだ。

無料なのだから、幼稚な宣伝しかしてもらえないのは仕方なかろうね。







塔の十代二十代歌人特集、今年はえらくたくさんいるような気がしたが、そういうわけでもなかった。
2012年 29人
2014年 31人
2016年 34人
激増ではないが、着実に伸ばしてはいる。








衝動的に、未来のそれぞれの欄の人数を知りたくなった。
最新の2016年11月号と、持っているなかで一番古い2012年8月号でしらべた。片方にしかない欄は字を青くした。


2016年11月号
月集 64
新集 43
ニューアトランティス 40
ニューアトランティスopera 23
みらいプラザ 14

銀河集(桜井登世子) 46
聲のさざなみ(道浦母都子)31
月と鏡集(佐伯裕子)39
無可有の郷(山田富士郎)21
彗星集(加藤治郎)42
かやの実集(さいとうなおこ)25
かつて門(池田はるみ)16
夏韻集(大辻隆弘)44
抒情の奇妙な冒険(笹公人)31
陸から海へ(黒瀬珂瀾)41
花かがり集(中川佐和子)31

青羅集(大島史洋)59
曲れる谿の雅歌(岡井隆)91
合計 701人




2012年8月号
月集 73
新集 45
ニューアトランティス 32
みらいプラザ 7

夕麗(稲葉峯子) 31
銀河集 44
聲のさざなみ 34
月と鏡集 28
無可有の郷 26
彗星集 52
かやの実集 17
かつて門 15
夏韻集 13
露禽集(米田律子) 13
青羅集 72
曲れる谿の雅歌 115
合計 617人



さて、ここからわかることはなんだろう。10人以上の差がついているところを見てみる。

2012年8月から2016年11月までの4年3ヶ月のあいだに、
「月と鏡集」は11人増えている。
「夏韻集」は31人も増えている。
「青羅集」は13人減っている。
「曲れる谿の雅歌」は24人減っている。
合計では84人増えている。

「彗星集」は10人減っているかのように見えるが、「ニューアトランティスopera」は彗星集から昇欄した会員の集まった欄であり、合計すれば13人増えていることになる。
同じことは「ニューアトランティス」にも言える。ただ、この欄の誰がどの欄の出身なのかが全員ぶん分からないのでこれ以上のことは明らかにできない。「夏韻集」からは四人が「ニューアトランティス」に移ったと聞く。

「青羅集」「曲れる谿の雅歌」の人数の減少は、高齢の会員が多いことによるのか、それとも新たにできた欄へと移っていったかという、二つが考えられる。

会員はもっといるものと思っていたので、出詠者の少なさに驚いた。短歌年鑑では800という数字がでている。
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52154742.html


これはタイミングを見てメインのブログにも載せる。





次に調べたいのは、オレが今まで紹介してきた短歌の数だ。これをしらべるには時間がかかりそうだ。







今日はこれから穂村弘さんに会いにいく。わくわくする。


mk7911 at 07:56|Permalink

2016年11月25日

ぬらっ。三度目のリプライ

66adb6f6.png









ぬらっ。



茂吉全集についてツイートしていた。
茂吉全集のなかに「奮え奮え奮え」という言葉がでてきた。これって「フレーフレー」っていう言葉の元になっているのでは? とツイートしたら、歌広場淳さんからリプライいただいた。

@mk7911 突然すいません!考えたこともなかったので目から鱗すぎて反応してしまいました!いつも音と作者の背景も含めた考察(しかも長くなく短いのがすごい)楽しみにしております!

おどろいて返信した。

@junjunmjgirly わ! 突然ありがとうございます! 読んでいただけてうれしいです!


歌広場さんにリプライいただくのはこれで三度目。数十万人のフォロワーのみなさまから嫉妬されるかもしれない。
この影響でフォロワーが三人増えた。

だがブログに人がこない。いつにもまして少ない。
よくみたらまだ今日は更新してなかった。更新したつもりだった。






はじめてデニーズにきた。
パスタをたのんだ。スープは美味いが、麺がちがう。あれ? ってなった。次はぜひともちがうものをたのもうと思った。







今日も文学館に行った。塔の10月号と、川柳杜人の251号250号を読んだ。よい作品をたくさん読めた。
満足。







ほむほむの三日前|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n559083ee54f6
noteの有料記事を更新しました。500円ですべての記事が読めます。



mk7911 at 23:11|Permalink

2016年11月24日

ぬらっ。茂吉全集から箱の話まで

ぬらっ



でかくて重いのでためらっていたが、安いので斎藤茂吉全集21巻25巻を買った。前者は「明治大正短歌史」など、後者は「アララギ編輯所便」を目当てに買った。

茂吉が明治大正短歌史なんて書いてるのを知らなかったし、評判はどうなんだろうと思って検索してみたが、「確かにそういう本が出ている」ということ以外はほとんどわからなかった。

モノについてしらべたときに通販サイトばっかり出てきてうっとうしい時は「ノイズレスサーチ」をつかうとよい。
https://t.co/D8AyjiONFG



文学の全集って二段組になってるのが多いが、これは一段だ。字の大きさもあり、行間もほどよく空いていて読みやすい。

箱に入ってて表紙にパラフィン紙が巻いてある。こういう本は立ち読みに困る。出すのはいいが、きれいに仕舞うことができない。
基本的にはいらないので、思い入れがある本でなければ箱も薄紙も捨ててしまう。

「歌集はソフトカバーか・ハードカバーか」というアンケートがあったが、世代がもっと上ならば「箱をつけるか・つけないか」といった選択もあっただろう。

以前「現代短歌」の読者歌壇特選の景品でいただいた「書込歌集」は箱に入っていた。箱があることに対象年齢を感じた。

固い方からやわらかい方へ、重い方から軽い方へ、という流れがある。とすれば、ソフトカバーの次に何がくるのか想像できないこともない。

電子書籍だ。

でも、そこまでいくと抵抗を感じるなあ。それはオレが古い人だから、というだけかなあ。
手触りがないと本としておかしな感じがするんだが、そんな気持ちを50年後100年後の人たちも持っているんだろうか。







ほむほむの三日前|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n559083ee54f6
noteの有料記事を更新しました。500円ですべての記事が読めます。


mk7911 at 20:58|Permalink

2016年11月23日

ぬらっ。ぬらっ始めて四年半/メンコの思い出

ぬらっ



ぬらっは四年半やっている。
Twitterにいる歌人のあいだで、このような「出囃子」をつけるのが一時ちょっとだけ流行ったが、みんなやめていった。

ぬらっ始めて四年半、猫のアリスがきて五年。

妻を愛して三十五年

イヴ・モンタンの枯葉愛して三十年妻を愛して三十五年  岩田正






小学生のころにメンコが流行っていた。メンコをパッタと呼んでいた。メンコにメンコを叩きつけて、裏返せば取れる。原始的なカードゲームだ。


ドラゴンボールのメンコが駄菓子屋に売っていた。
駄菓子屋ではメンコが五枚セットで輪ゴムでとめられていた。
店のおじさんの目を盗んで松本くんがほかのメンコを抜きとって六枚セットをつくってそれを買っていたのを見てたことがある。


丸いのが「丸パ」、四角いのが「角パ」だっけ。
角パの裏側には「ヒット」などと野球ゲームらしきものが書いてあったが、あれの遊び方はわからずじまいだった。

このあいだそこへ行ったら、駄菓子屋は消えてきれいなアパートになっていた。息が苦しくなった。








歌壇賞は大平千賀さんと佐佐木頼綱さんに決まったそうだ。
発表された経緯がわからなくて不気味だった。「歌壇」のほうからはなんのアナウンスもない。気がついたら祝福ムードになっていて、ツイート検索してもGoogleを使っても決定的な第一報がない。



今までにこのお二方についてどんなツイートをしてきたか、ツイログを探した。

久しぶりに会う夏の母ブラウスに記憶よりうすく花を咲かせて/大平千賀「すずしい音」

「しんだことある?」って問いを曳きながら子供らが漕ぐ風のぶらんこ/大平千賀

手にとれば魚のように跳ねている紙コップ夢からの糸電話/大平千賀「木槿、暮れる」


大平さんはこの三首。過去にも歌壇賞の候補になっている方だ。



佐佐木頼綱さんについては、

「佐佐木頼綱結婚」で検索してうちのブログに来た人がいる

と2015年5月にツイートしたことがある。こちらのかたの歌は引いたことがなかった。







オレの短歌の情報はこちらから。
クリックだけでもしていってもらえるとありがたいです。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&redir_esc=&client=ms-android-kddi-jp&source=android-launcher-search&v=141400000&qsubts=1479718471564&q=%E5%B7%A5%E8%97%A4%E5%90%89%E7%94%9F+%E7%9F%AD%E6%AD%8C


mk7911 at 20:29|Permalink