2016年04月

2016年04月30日

ぬらっ。ブログで本名で所属誌の秀歌選をやってる奴といったらまずオレだろ!

ぬらっ



黒田英雄さんのブログにコメントしてきた。

http://anguirus1192.seesaa.net/s/article/437319230.html


本名で秀歌選をしている者がすくないのを嘆く内容の記事だが、オレの名前が出なかったので名乗り出た。
オレは開始したのは2012年だから遅いのだが、結社誌だけにとどまらず、総合誌や歌集でも秀歌選をやっている。近代短歌からネットプリントまでと、その範囲は広いのだ。
それに、取り上げた歌の6割以上にコメントしている。20首くらい挙げて1首か2首にしか評を書かない黒田さんより手間をかけて読者に短歌の魅力を伝えようとしていると思う。負けている気がしない。勝ち負けではないんだが、無いことにされるほど自分のブログのやってることが小さいとは思わない。

以前にもオレは黒田さんのブログにコメントしてるんだから、オレを知らないはずはないんだよ。






きのう聞いたおもしろそうな漫画を立ち読みしてきたが、べつに面白くなかった。だんだん面白くなるのかもしれないが、待てない。
ヤンキー漫画は無理だなあ。共感できなさすぎる。

よくそんなのを読んでみようと思ったなオレは。それくらい面白そうに語られていた。

気分転換になると思ったんだがなあ。どうしても「役に立たなさ、ネタにならなさ、かかる時間」がきになる。

短歌ばっかりの生活になっちゃうんで新しいものを取り入れたいんだが、なかなか面白いものに当たらない。


「NHK短歌」と「歌壇」を読み終わった。





猫の臭いがきになる。外にいると自分が猫臭い。服なのかカバンなのかなんなのかよくわからない。とにかくそこらじゅうに消臭剤をかけている。


mk7911 at 19:09|Permalink

2016年04月29日

ぬらっ。捨てるつもりで読む漫画

ぬらっ


昨日たくさん書いたら今日はあまり書くことがない。



短歌をつくるときに https://t.co/9Jd0QOHTW0
有料マガジンを更新しました。500円ですべての記事が読めます。今回は、短歌をつくるときの自分なりの心構えを書きました。




今月の投稿を済ませた。
総合誌一件、その他雑誌一件、新聞四件。






いつもツイキャスを見ている。ツイキャスとは、インターネット生放送だ。昨日はぽんすけさんという方の雑談を聞いてたんだけど、これが面白くて何時間も聞きいってしまった。

ヤンキー漫画の話が熱かった。はじめの一歩、クローズ、ワースト、今日から俺は、といった漫画のタイトルを覚えた。
おもしろい人がすすめる漫画だから、おもしろいのだろう。







漫画といえばオレは今、藤子F不二雄「チンプイ」を読んでいる。好きで読んでいるというよりは、捨てるつもりだから捨てる前に読んでおく、といった位置づけだ。
なかなか面白い。かわいい。これから捨てると思うと、こまかいところまでよく読める。


mk7911 at 10:01|Permalink

2016年04月28日

ぬらっ。クラブハウスバーガー→仙台文学館→扇畑忠雄の歌碑→群山

ぬらっ



マクドナルドに行った。
クラブハウスバーガーのカードの画像とハッシュタグをつけてツイートすると抽選でマックカードがもらえるっていうのでやってみたんです。


ベーコンと
トマトが美味い
クラブハウス
バーガー 星は
五つあげます
#クラブハウスバーガー #短歌
https://t.co/iJaUGYi40j


ってツイートした。短歌にしたし、何がおいしかったのかちゃんと言ってるし、10文字ある商品名を詠み込んでるし、工夫してるんです。マックカードよ、あたれ。






二月のはじめから毎日読んできた『桜前線開架宣言』を読みおわった。ひとりの歌人に二日ずつかけて読んだ。







文学館に行っていた。塔の四月号を読むつもりだったが置いてなかった。こういうことはある。
「短歌人」は2015年9月号までしかなく、「かりん」はなぜか奇数月の号だけある。置かれていなければそれまでだ。
「川柳 杜人」を読んできた。


時間があったので文学館の裏の山を散策した。石舞台の中央に立ってみたり、森林公園方面にすこし行きかけてみたりした。誰もいない自然の中にいると、なんかむらむらする。悪いことをしたい感じになった。だが、自然の中でひとりでできる悪いことはなにもなかった。

仙台文学館と台原森林公園がつながっているのは知らなかった。考えてみたら森林公園はあまりよくわからない。小学生のころはマラソンとかでけっこう行ってたけど、全貌が把握できていない。歌をつくりながら歩き回ってみるのもよさそう。



扇畑忠雄の歌碑を見た。 https://t.co/2rzV14poUQ

4c29202d.jpg









歌碑を正面から撮った画像もあったはずだが、なくなっていた。
歌碑のよこには、扇畑忠雄の経歴と、東北アララギの「群山」という結社がこれを建てたのだということが書かれていた。
オレも最近まであまりよく知らなかったが、扇畑忠雄という人は東北ではかなり大物の歌人だったようだ。河北歌壇について調べている時に知った。




雪の原青々と翳る時のありいづくともなき北のふるさと/扇畑忠雄

という歌が歌碑に彫られていた。オレがいいなと思ってツイートしたことのある歌だった。



「群山」の結社誌は60ページほど。いろいろ厳しいみたいで、こんな日本語はおかしい、こんな誤字を書く者がいる、けしからんけしからん、といった注意がたくさん書かれていた。

欄は三つに分けられていて、作者名のアイウエオ順で、あまり隙間なくびっしり載っている。
読み物は「文明選歌欄に見る動物の歌」などあり、面白そうだった。


mk7911 at 10:05|Permalink

2016年04月27日

ぬらっ。自分のツイッター史/ツイッターの短歌アカウントの第三位がオレだった


ぬらっ




#あなたのツイッター史を振り返る

アプリメーカーにうまく繋がらないんで、自分で書く。

2010年4月にブログの宣伝のためにツイッターを開始

2011年8月から短歌のことをつぶやく

2012年5月、「ぬらっ」開始

2013年、botを作り始めた

それからは多分なんの変化もないんじゃないか。短歌と感想を連投したり、一人で懐古の話をしたり、診断メーカーで遊んだり、ぬらっとしている。
フォロワー千人くらいから慎重になってきてツイートが減った。

始めた直後はあまりにもさびしかったんで、 #followme タグをつかって相互フォローを増やしたりしてた。

千人とかだと学校の全校生徒の数くらいだ。誰も真面目に校長先生の話をきかないようにあなたのツイートもべつにたいして読まれていませんよ、というようなツイートを見たことある。

Twitterを長くやっているとフォロワーが数百人、千人以上という人も多いでしょう。そうなるとあなたのつぶやきは、全校生徒を前に話をする校長先生のような影響力があります。つまり誰も聞いてないということです。安心して好きなことをつぶやきましょう。 usagi25R


でもそうは言っても少数の真面目な生徒は聞いてるように、読んでる人もいるのよ。現にオレは周りと騒いで話を聞いてないタイプではなかったし。そういう少数の人をあんまりがっかりさせたくない気はするのよ。







短歌を始めたばかりの人がよくオレをフォローしてくださる。

「短歌」でユーザー検索すると、俵万智さんよりオレが上に出てくる。 https://t.co/iXEfdHfwJU

40c14a57.png












モバツイでやっても同じ結果だった https://t.co/EdT2qSBFAC

だから妙に増えるのか。

こうなると一番になりたくなるのよね。「夜空の短歌bot」がライバルなのか。っつっても、特に頑張りようがない。なんの戦いなんだよ。

スクショするくらいには驚いたしうれしい。
「とにかく何か短歌のアカウントをフォローしてみよう」という人がオレのところにくる。よかろう。楽しませてやるからな。



いや、はしゃぎたくもなるわよ。たとえ一瞬でも、どんなに小さな分野でも、なんかの間違いでも、オレが俵万智さんを抜いてbot以外では一番の短歌アカウントになってるわけだから。

二番目にでてきてる青い卵アイコンの「現代短歌bot」はオレのつくったアカウントだ。ツイッターの短歌ユーザーの二位・三位をオレが占めていることになる。

もしかすると、フォロワーのとても多いタレントの名前をプロフィールにいれてるからかもしれないね。

でも嘘は書いてないし、そうなるためにネットでこまかい作業を日々時間をかけてやってきたわけだからね。少しはずるいかもしれんが、言われるほど悪いとは思わない。

人からの評価より、ツイッターさんからの評価がはるかに高い。短歌のツイッターアカウントといえば一番・二番がBotで、三番目にはオレなんだからな。
君だけはわかってくれるんだねツイッターくん。仲良くしような。

フォロワーがそこまで多くもないのにユーザーとして上位にくるのはなんだろうな。ツイート内容が反映されてるのか。たしかにbot以外で一万首以上ツイートしてるのはオレくらいのもんだ。



グーグルくんとも仲良くなりたいなあ。

「短歌」でググっても200件以内にオレのブログやオレの作ったページは出ないぞ。こらこら。嫌われてるなあ。


ちなみにYahooで「工藤吉生」と打つと検索候補としてこういうのがでる。

ふーん
https://t.co/Gitors5V8a

http://livedoor.blogimg.jp/mk7911-akogare/imgs/c/7/c7cb03dd.png" title="c7cb03dd.png" target="_blank">c7cb03dd.png



【付記】
ツイッターのユーザー検索の結果は、アカウントごとに異なるようだ。オレのアカウントではたまたま三位になるということだ。




mk7911 at 22:19|Permalink

2016年04月26日

ぬらっ。月刊誌が溜まってきた

ぬらっ


ある感想|mk7911|note(ノート)https://t.co/Yi87fqNIBn

昨日は有料マガジンを書いた。
あるブログ記事を読んで思ったことを書いた。
それは結果的に撤回されたので、オレも記事を引っ込めていいんだが、残しておいていい内容と判断したので残した。オレの、ある問題に対する考え方がよく出ているから。







毎日やるべきことを決めて実行しているんだが、なかなか読書ははかどらない。


歌壇(新人特集だから買った)、

NHK短歌(年間大賞で載ってるから買った)、

短歌研究(定期購読している)、

角川「短歌」(三首が佳作になった&アンケートに載ったから買った)

が溜まっている。
それにさらに歌集なども届いている。

そんなに総合誌ばっかり読まなくていいだろと思うが、新人はチェックしたいし、自分の短歌が載ると手元に置きたくなる。


読書に時間を割くようにしないとやばいなあ。というわけで今日はメインのブログは更新しない。


mk7911 at 20:54|Permalink

2016年04月25日

ぬらっ。角川「短歌」2016年5月号など

ぬらっ



まんが中心に、本をかたづけた。







ちょっとしたいざこざがあった。
オレがいかに人に認められたがっているのかを感じる。言わせておけばいい、とは思えないものか。
ほめられたがるのはともかく、けなされたくないのは害だなあ。表現が歪む。







今日発売の角川「短歌」の「角川歌壇」に佳作で三首が載った。
また、アンケートに書いたことが「読者の声」に(36歳・男性)として掲載された。

オレの一回り(12歳)も下の人たちが依頼をうけて原稿をかいている。オレは名前も出ないところに二行載ったのを告知している。


ハガキでアンケートをとるだけでもほかの雑誌とちがうが、よせられた声を掲載するのもまた個性がある。
角川「短歌」が初心者向けすぎるというこえを時々聞くが、多くの声を聞いた結果がこれなんじゃないのか。まあ、いろんな雑誌があっていい。








宣伝。
理想/歌の運命|mk7911|note(ノート)https://t.co/b9ghRhGeZq
有料マガジン。「工藤の有料マガジン」は500円です。


mk7911 at 16:34|Permalink

2016年04月24日

ぬらっ。4/24

ぬらっ





いまは、

短歌の雑誌・書籍

日本文学(いまは田山花袋)

積ん読、歌集

短歌の雑誌・書籍

という順番で読んでいる。田山花袋をひとつ読みおえたから、つぎは積ん読の同人誌というかある短歌会の会誌を読む。




それとはべつに、毎日勉強ですこしずつ読んでいるものがある。
ひとつは「桜前線開架宣言」で、これはあと五日くらいで読みおわる。二日で一人の歌人を読んでる。

もうひとつは坂井修一「鑑賞・現代短歌七 塚本邦雄」。これは一日3-4首読んでる。再読なんだけど、とてもためになる。







このあいだ、すごくここの訪問者数がすくなかった。

そういうときに思い出すのは、藤子・F・不二雄の短編で、なにかすばらしい偶然によって、海水浴場に行ったら自分達二人きりでのびのび遊べたというエピソードなんだけどね。

つまりアクセスが減ったのは、すばらしい偶然なのだと。


それはともかく、訪問者数が少なくなったのは、どうでもいいようなことで更新してたからかもしれんなあ。なにもないなら更新しないのも大事なのかもしれない。
オレはけっこうそういうところはでしゃばりで、常に常に何かやってないと不安になるほうだ。
投稿のスタイルにもそれは影響している。







宣伝。

理想/歌の運命|note(ノート)https://t.co/b9ghRhGeZq
有料マガジンを更新しました。
自分の理想や、一首の短歌のたどる運命について考えて書きました。

「工藤の有料マガジン」は500円です。


mk7911 at 21:40|Permalink