2015年07月

2015年07月31日

ぬらっ。コメントぎらい、職場のひとに短歌を読まれる

ぬらっ



「あ」という名前でブログにコメントくれた人、どうもです。

ブログによっては最新コメントが目立つところに表示してあったりする。そうすると、コメント欄が活性化する。
でもうちはそういうのやらないのよ。コメントが少ないと、少なさも露呈しちゃうし、多ければ多いでコメント返しを考えるのが疲れるんです。

んだから、古い人気のない記事にコメントしても、オレ以外の誰にも気づかれないのです。

そもそも、コメントもらってうれしいとおもうことがほとんどないなあ。「めんどくさいコメントじゃありませんように」って祈るようなきもちで開くもん。サブのブログなんかコメント不可にしてるし。

いや、めんどくさいコメントじゃなければうれしいんですよ。めんどくさいのが来ている可能性を考えるからうれしさより不安がまさるよって話で。
自分のめんどくささは棚に上げているわけだけど。







おもしろはずかしいことがあった。

新聞紙にくるまれて野菜が入荷することがあるんだが、今朝入荷したモロヘイヤをくるんでいる新聞が、2015年7月5日の河北新報の河北歌壇のある面だったのだ。そこにはオレの短歌が載っていた。

上司に「これオレの短歌なんすよ」って言ったらほかのパートさんたちも見に来て、はずかしかった。いやな気はしなかったけど。
オレは恥ずかしくてすぐ作業に戻ったんだけど、あとでその新聞が切り抜かれて目立つところに貼られていた。剥がすのもつまらないからしばらくそのままにしておこう。

日が長くなったと言い合いお辞儀してよそのテレビの笑い声聞く

っていう歌。花山多佳子さんの選。これが作業場のホワイトボードに晒されている状態。

ついに、つながっちゃったなあ。あっちの工藤とこっちの工藤が。


mk7911 at 20:01|Permalink

2015年07月30日

ぬらっ。戦後短歌botをつくりはじめた

ぬらっ。


たまにbotをつくりたくなるときがある。



万葉集のbotはあるのか調べていた。けっこうちゃんとしたのがある。でもフォロワー伸びてない。ぱっと見てぱっと楽しめるような内容じゃないからな。訳を独自につけているbotもあった。



いま考えているのが「戦後短歌bot」。カタイかなあ。篠さんの本で引かれている歌の数がちょうどツイートボットに入れられる限界である700首に近いから。ほぼ昭和20-25年の歌のみでつくったbot。価値あるとおもうんだがどうか。篠さんの選択ならば偏りも小さいだろう。


赤か茶色っぼい卵のアイコンにしようかと思う。白地に銀、肌色、青、黄色の卵アイコンの短歌botがあるけど、あのへんはオレのつくったbotだ。


わりと新しい短歌(俵万智や穂村加藤荻原やそれ以降の口語短歌)中心に個人の好みでえらんだような短歌Bot、
特定の歌人一人の短歌をながすbot

はけっこうあるが、時代で区切った短歌botはめずらしいのではないか。それも、たった数年間に限定したものは。
アンソロジーの短歌botはあたらしい歌を扱うものがほとんどだ。そこに一石を投じる。
だいたい、明治から昭和の前半までにつくられた短歌をながす短歌botがなさすぎると思う。そのへん一帯は穴なんじゃないかと思って今までいくつもbotをつくってきた。

戦後短歌botは、茂吉、文明、芳美、柊二、善麿、佐太郎あたりが中心となる。善麿と柊二はbotがなかったなあ。


アカウントできた。 戦後短歌bot @sengotanka


異例だが、まずはそこに該当歌をつぶやかせて、あとでそれをまとめてツイートボットに入れていくことにしようか。まずは連投からはじめる。できあがったら3時間に1ツイートにする。


10首をいれるのに15分かかる。90首。今日はこんなところにしておくか。


mk7911 at 12:37|Permalink

2015年07月29日

ぬらっ。おおむね満足の日

ぬらっ。



なかなか満足の日だった。

短歌の本のツイートをするつもりで滞っていたんだが、二冊こなすことができた。

それに関連してアイコンを変える人がいたり、オレの名前で回文をつくってくれる人がいたりして面白かった。



作歌ができた。12首。今月の分は作り終わった。来月の三日分が余計にできている余裕の状態。

それとは別に、ツイッターに7首を即詠した。待ち合わせに50分早くついたので、その間を利用したのだ。



ずっと壊れていて気になっていた靴を、買い換えることができた。6300円。もっと安く買いたかったが仕方ない。


前日の頭痛がやんで体調良好。支払いをきちんとやった。




短歌研究新人賞の座談会がまとまったことを加藤治郎さんがツイートしていて、心の中がざわざわしていた。
オレは今までよりずっと力の入った連作を出したが、これで2首とかだったら悔しくて泣くかもしれない。


mk7911 at 06:56|Permalink

2015年07月28日

ぬらっ。朝日歌壇への意欲とためらい

ぬらっ。



今週は新聞に載らない。

読売歌壇にずっと載ってない。掲載率がだんぜん低い。49回のうち3回という掲載率。三月に載って以来載ってない。半年載らなかったら適性がないということでやめよう。九月末までねばってみるか。

朝日歌壇に移るか、「よみうり文芸」に戻るか、ふつうに投稿先をひとつ減らすか。

朝日だけ出したことないのが気になっている。ここまで新聞歌壇をあれこれやったんなら、朝日も何ヵ月か試してみるのもありなのかなあと。四人の共選はユニーク。

ホームレスや獄中の人だと多く載ったりするのがどうも気に入らないんだよなあ。いや、歌もいいんだろうけどさ。住所のところにホームレスって書いてあるのはおかしいし。
ホームレスだって、別に毎週ちがう都道府県にいるわけじゃないだろ。おおまかな住所は書けると思うんだが。


オレもたまにはなにかになりすまして投稿してみたい。「うたの日」でそういうことが複数件あったけれども。


ホームレスのひとがなりすましだって言ってるんじゃないよ。オレが偽名で投稿するのを「妄想」していたのだ。

でも手柄は自分の名前でほしいなあ。

うわー戦争になるぞ危ないぞー、みたいな歌が好まれるんだよな。

彼女のお父様が朝日をとってる方で、オレに朝日への投稿をすすめていると以前ツイートした。
「左の歌が載るんなら左の歌を書いたらいい」みたいなことも言ったと聞いている。

うたのために思っていることを曲げるのはどうかと思ってきたし、今もおもう。
でも、さっきなりすましのことを書いたけど、いつもの自分とちがう人になった気持ちで書いてみるのを想像する日もある。




……何が言いたいんだかわからない感じになってきた。
つまり、このまま読売がだめなら朝日も視野に入ってくる。出しても載らないところより、知人(彼女のお父様)が期待しているところのほうがまだいいんじゃないかと。

話題になるようなやりかたや、偽名やなりすましのことも頭をかすめたが、よほど内部告発みたいなものを表現したくならないかぎり、無いだろう。

政治的な、それも一定の方向の歌が好まれる風潮に警戒があるが、そこへのこだわりがあるわけじゃないので、あまり意識しないほうがいいのかも。



もうひとつの「よみうり文芸」は、出せば高確率で載るしうまくいけば記念品もでるという誘惑がある。
8回だして5回載ったからね。半分以上は載る。ただし読者がすくなかったり、手を入れられたり、掲載が二ヶ月先だったりする。これは何度も書いてることだけども。

検索すると、朝日歌壇についての評判が断然ツイート数が多い。日経、毎日、読売の比ではないくらい。そのぶんめんどくさそうな人達もいるが。

調べてたら朝日にちょっと意欲がわいてきた。見る人の多い発表の場だと思うと、うずうずする。一首から出せるしなあ。

さらに調べたら、「とどく葉書は毎週平均四百枚で三百枚はくだらない」とあった。多いつもりなんだろうが、なんだいそんなもんかよそれならオレもチャンスあるじゃん、と思った。

と思ってるところに「思いついたら、やれ」のツイートが流れてきた。
はい決定。やることに決定。


今週の朝日歌壇の画像が貼られているのを見たが、時事ネタばかりでちょっと引いた。また意欲が削がれた。


mk7911 at 04:57|Permalink

2015年07月27日

ぬらっ。ツイッター雑記

ぬらっ。

いつものようにツイッター雑記。




盗作されたされたと騒いでる人、なんかいやだなあ。ちゃんと並べて見せてほしい。たいして似てなかったりしそう。
オレがされたら見えるところに並べるなあ。

似てるなら似てるで、違う部分もあるはずなんだから、そのあたりも含めてしっかり読んだらいいと思う。

でもさ、自分が先だとおもっていても、実は相手が先ってこともあるからね。








ひとになにかをすすめるっていうのができなくなった。相手が何を求めているかよく見ないと無理。
信用できるひとにすすめられたものを食べてもそれほどでもなかった、ってことが最近あった。







毎日が戦いです、みたいなひとはタイムラインにいらない。応援していても。リストでよろしく。
メインではくつろがせてよー






公募短歌館の佳作でよろこんでいるひとのツイートを二つみつけた。そうか、よろこんでもいいんだよな。
3年くらいやっていて、そういう感覚が麻痺してきた。佳作では満足できない。







歌を引いていただくとうれしいけど、そのツイートなりブログ記事なりが伸びないと、うれしさ半分。







一平ちゃん蒲焼きのたれ味を食べた。ふむ。おいしいです。






寝る前には何をする?   音楽つけたりツイキャスつけたりする。なにかを聴きながらじゃないと寝れない。
http://t.co/smNSthEbrq





http://blog.livedoor.jp/akiya31-0012/
消燈グレゴリー その三
さんにリンクしていただいていた。感謝。
ならんでいるブログタイトルを見て、タイトルを見た瞬間に誰のブログかわかるほうがいいのかなと思ったりもした。もう変えないけど。






mk7911 at 20:20|Permalink

2015年07月26日

ぬらっ。ぬらっ帝国

ぬらっ。



「俳句de川柳」にオレが投稿した馬鹿馬鹿しいネタに点数入れてくれた人、ありがとう。

ネタごとに入れられる点数が違うってことは、見たうえで「評価」されているわけだね。健康的。
盲目的に応援してくれる人も尊いけど。






診断メーカーで遊んだ。



工藤吉生ファンを集めて工藤吉生帝国を作りたいと思います 
入る条件として? 
引きこもりであること 
年会費は1年で10000円 
ホモ←ここ重要
以上守れる方のみ募集 
http://t.co/l9uEXPrr8h


……。




ぬらっファンを集めてぬらっ帝国を作りたいと思います 
入る条件として? 
引きこもりであること 
年会費は1年で5000円 
ホモ←ここ重要
以上守れる方のみ募集 
http://t.co/l9uEXPrr8h


ホモから離れてほしい

引きこもりじゃなくてもいいし年会費はもっととれるならとりたい。


「ぬらっ友の会」みたいなのはあってもいいかも。条件はただ一つ、ぬらっを愛していること。会員特典はただ一つ、ぬらっをすきなだけ使える。
いやもちろんそんな会はなくてもすきなだけ言えるんだけどさ。オレに遠慮してる人がもしかしたらいるのかなあと思って。

「ぬらっ」だって、もともと診断メーカー「あなたの登場するときの音」から出てきたのだった。



「工藤吉生帝国」みたいなのはいらないよ。っていうかオレが発足させてちゃだめだろう。

ほんとに引きこもりのホモばっかり集まってきたら困るからな。

誰かが勝手に結成して、オレは「仕方ない人達だなあ」って離れた場所からあきれていたい。そんな夢。








askから質問きた。

いくつか短歌の雑誌はありますが、その中で短歌研究と角川短歌でしょうか?その二誌を選んでいるのはどんな理由からですか。

あまり掲載されないだけで、「歌壇」「現代短歌」「NHK短歌」にも出しています。読者の多そうなところのほうが燃えます。







「ちよちよ」という漫画を読んで、おもしろかった。かわいくてギャグもいい。大きな丸いインコが活躍する。りぼんマスコットコミックス。


mk7911 at 22:01|Permalink

2015年07月25日

ぬらっ。「公募短歌館」トリプル特選からの完全ボツ

ぬらっ。


短歌をブログで引いていただきました。いつも引いてくださる方。

タテマエこそ重要! http://t.co/raxFoL4bjj







「俳句de川柳」のオレの作品に評価を入れてくれた人ありがとう。





角川「短歌」買った。投稿したものは全滅。 先月のトリプル特選とはえらいちがいだ。そりゃあ、続けて特選がとれるとは思ってなかったが……全滅って。持ち上げてから落とされると痛いのよ。

載ってない総合誌を見ると「オレはべつに短歌の世界に必要ない人間なんだ、だってオレがいなくたってこんなにちゃんと短歌の世界は成り立っているんだもの」というさびしいくやしい気分になる。自分を小さい無力なやつだと思う。そしてそれは今までもずっとそうだったのに自覚できていなかったのだ、とも。


なんで公募短歌館が全滅だったんだろう、そんなにひどい歌だったか?
と思って読み返したら、ダ・ヴィンチの「短歌ください」の「ブラジャー」の回に出した歌を推敲したものだった。ブラジャーの歌じゃ難しいわなあ。シモっぽい歌はまずはねられると思っておこう。

オレはけっこう下品な歌が多いんだけど、発表の場に困る。


mk7911 at 20:17|Permalink