2017年11月08日

ぬらっ。28

ぬらっ



"J. Haydn - Hob III:28 - String Quartet Op. 17 No. 4 in C minor"
https://t.co/puNv3eTB6T

ハイドンの弦楽四重奏曲第28番を聴いた。短調だけど始まった瞬間はそうとはわからない。
激しいフィナーレがよかった。ベートーベン的といっていい楽章だろう。先取りしている。







又吉直樹『火花』読み始めた。うーん。
近藤芳美『新しき短歌の規定』読んでいる。

中原中也の「100分de名著」四回分を見終わった。
映画「狂つた一頁」はじめて最初から最後まで見た。思ったことをツイートした。



▼▼▼



■工藤吉生(くどうよしお)の短歌・自選50首 +プロフィール
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52107166.html

2017年7-9月の歌まとめ・20首
https://matome.naver.jp/m/odai/2150685074540729601




さっそく角川短歌賞のことを書こうじゃないか、または、オレと新人賞の六年間
https://note.mu/mk7911/n/n6b6c4aca0c22

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n19f14f84b358

二件のいやがらせについて|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n73db516286bb


「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
一年経ったので、400円だったのを200円に値下げしました。よろしくお願いします。


mk7911 at 06:28|Permalink

2017年11月07日

ぬらっ。子猫物語

ぬらっ




"J. Haydn - Hob III:27 - String Quartet Op. 17 No. 3 in E flat major" https://t.co/Mhpq3sTpW9

ハイドンの弦楽四重奏曲第27番を聴いた。アンダンテの変奏曲で始まるんだけど、どうも変奏曲のおもしろさがわかんないんだよなあ。
気になったのはメヌエット。主部の強弱の付け方もそうだし、中間部にも気になる音がある。







"The Adventures of Chatran (1986)" https://t.co/25VccVy5Yq

「子猫物語」を見た。
「子猫物語」はたぶん映画館で見た映画だ。チャトランという可愛くてしかもたくましい猫が主人公で、犬のプースケなどと仲良く活躍する。他にもたくさん動物が出る。

ムツゴロウこと畑正憲さん監督。音楽が坂本龍一。途中で谷川俊太郎の詩がはさまる。

チャトランという猫が良くて、うちで最初に飼った「チャー」という猫の名前はチャトランからとった。オレの猫好きはこの映画から始まっているのか。

どんな話だったか全く覚えていなくて、初めて見る思いだった。人間が出てこなくて動物ばっかりの映画だ。どうやって撮影したのだろう、動物は言うことをなかなかきかないから大変だろうな、などと思ってしまうのは大人になったからであって、少し余計なことだ。

自然がいっぱいな場所を猫が走り回って、犬が走り回って、ニャーとかワンとか言っている。なんかそれだけで、泣けて泣けてしょうがなかった。全編にわたってグズグズしながら見た。

途中で何度か谷川俊太郎の詩が出てくるんだけど、「いのちは戦う いのちと戦う いのちのために いのちと戦う」云々という詩は、動物の世界の厳しさをよく描いていると思ったね。

なんで急に子猫物語のことを思い出したかというと、「重曹物語」という重曹を見かけたからです。







毎日歌壇に短歌が載った。気分がよい。



▼▼▼



■工藤吉生(くどうよしお)の短歌・自選50首 +プロフィール
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52107166.html

2017年7-9月の歌まとめ・20首
https://matome.naver.jp/m/odai/2150685074540729601




さっそく角川短歌賞のことを書こうじゃないか、または、オレと新人賞の六年間
https://note.mu/mk7911/n/n6b6c4aca0c22

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n19f14f84b358

二件のいやがらせについて|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n73db516286bb


「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
一年経ったので、400円だったのを200円に値下げしました。よろしくお願いします。


mk7911 at 06:16|Permalink

2017年11月06日

ぬらっ。批評会

ぬらっ


"J. Haydn - Hob III:26 - String Quartet Op. 17 No. 2 in F major"
https://t.co/SdiOwEQkYh

ハイドンの弦楽四重奏曲第26番を聴いた。
流麗な1楽章。
ワルツを思わせる、テンポ速めのメヌエット。
3楽章は締めの半音階が印象的だった。
フィナーレはエチュードかというくらい一つの音型が繰り返される。






一度食べて見たかったロッテリアのバケツポテトを食べた。半額で300円だが、まあそのくらいじゃないか。バケツと口を往復する手が疲れた。







歌集の批評会と歌会に行ってきた。
歌会で、自分のことを一瞬「ぼく」って言ってしまって自分で驚いた。

自分の本体はネットにあるとか、心は塔にあるんですとか、口をひらけば余計なことばかり言っていた。緊張とテンションの高さで変なことになっていたのだ。

ある人はオレを「いい人」と言ってくれて、別の人は「歌どおりのうらみ、なげき、ひねくれの人」と言ってくれた。ふむふむ。
江戸さんとお話できてよかった。

塔のみなさんが元気そうでうれしかった。



▼▼▼



■工藤吉生(くどうよしお)の短歌・自選50首 +プロフィール
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52107166.html

2017年7-9月の歌まとめ・20首
https://matome.naver.jp/m/odai/2150685074540729601




さっそく角川短歌賞のことを書こうじゃないか、または、オレと新人賞の六年間
https://note.mu/mk7911/n/n6b6c4aca0c22

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年9月のオレの短歌とその余談【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nd4b539b8b11c

2017年9月のオレの短歌とその余談【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1f14c362a021

二件のいやがらせについて|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n73db516286bb


「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
一年経ったので、400円だったのを200円に値下げしました。よろしくお願いします。


mk7911 at 08:23|Permalink

2017年11月05日

ぬらっ。25番

ぬらっ


誕生日でした。



"J. Haydn - Hob III:25 - String Quartet Op. 17 No. 1 in E major"
https://t.co/COq22V3XPl

ハイドンの弦楽四重奏曲第25番を聴いた。ついに30分を超える曲がでてきた。勝負はここからだな。

3楽章は短調。悲劇的。
4楽章はスケールが上がったり下がったりするのが楽しい。山あり谷ありだ。







せんだいメディアテークの「コンニチハ技術トシテノ美術」展を見に行って、考えたこと : ▼存在しない何かへの憧れ
https://t.co/2nmdBDs075
美術の記事なんてめったに書かない。気合いいれて書いた。

昨日はあえて作家さんの名前を入れてハッシュタグもつけてツイッターで連投してみた。美術の人ってエゴサーチしてそれに反応したりするのかなーと思って。いまのところまったくそういうのはない。







昭和萬葉集の六巻を読み終わった。本文は300ページで、こういう本にしては字が大きくて注も行き届いていて、読みやすい。


歌人の岩田正さんが亡くなったのが昨日の大きなニュースだ。
「短歌研究」の、現代の102人とかそういう特集で男性歌人が年齢順にならぶんだが、先頭が岩田正さんだった。



▼▼▼



■工藤吉生(くどうよしお)の短歌・自選50首 +プロフィール
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52107166.html

2017年7-9月の歌まとめ・20首
https://matome.naver.jp/m/odai/2150685074540729601




さっそく角川短歌賞のことを書こうじゃないか、または、オレと新人賞の六年間
https://note.mu/mk7911/n/n6b6c4aca0c22

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年9月のオレの短歌とその余談【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nd4b539b8b11c

2017年9月のオレの短歌とその余談【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1f14c362a021

二件のいやがらせについて|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n73db516286bb


「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
一年経ったので、400円だったのを200円に値下げしました。よろしくお願いします。


mk7911 at 07:42|Permalink

2017年11月04日

ぬらっ。文化っぽい日

ぬらっ


"J. Haydn - Hob III:24 - String Quartet Op. 9 No. 6 in A major"
https://t.co/gzA02CcFf1

ハイドンの弦楽四重奏曲第24番を聴いた。これで作品9が終わる。作品の最後には良いものをもってくることになっているのか。

2.3.4楽章は下降する主題をもっている。特にフィナーレは、高いところからコロコロコロコロと転がりおちるような主題だ。

アダージョがうつくしい。おだやかだが、盛り上がってかなり高音が出る。また、協奏曲のカデンツァみたいな部分もある。







せんだいメディアテークに行って、「コンニチハ技術トシテノ美術」を見てきた。刺激があった。
映像作品を時間をかけて見たら疲れて、絵はあっさりと見た。立体がおもしろかった。あとでもっと書く。


漱石展も見た。ところどころにある漫画のおかげで楽しく見れた。







近藤芳美『新しき短歌の規定』と、『中原中也詩集』を買ってきた。
すこしは文化っぽかった日だった。

久しぶりにひょうたん揚げも食べた。




▼▼▼



■工藤吉生(くどうよしお)の短歌・自選50首 +プロフィール
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52107166.html

2017年7-9月の歌まとめ・20首
https://matome.naver.jp/m/odai/2150685074540729601




さっそく角川短歌賞のことを書こうじゃないか、または、オレと新人賞の六年間
https://note.mu/mk7911/n/n6b6c4aca0c22

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年9月のオレの短歌とその余談【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nd4b539b8b11c

2017年9月のオレの短歌とその余談【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1f14c362a021

二件のいやがらせについて|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n73db516286bb


「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
一年経ったので、400円だったのを200円に値下げしました。よろしくお願いします。


mk7911 at 15:16|Permalink