2017年05月11日

ぬらっ。寿司は二個ずつ

ぬらっ



橋本治の『青空人生相談所』を読んでいる。きびしいねえ。きびしい。きびしいねえ。
いろんな悩みをもった人がでてくると楽しい。いろんな人生があるんだなと思う。

「寿司はなぜ二個ずつなのですか」って相談してきた人がよかった。こういう人も必要なんだよ。


オレは自分の問題を整理してみたくもない。蓋をあけたくない。相談できるだけでもたいしたものだよ。







ツイッター短歌史
【2017.5.10】

初谷むいさんがブレイクした。

堂園昌彦さんが歌を連続でツイートした。

ジュンク堂泣くほど本がある中に仕舞われている栞泣くほど/初谷むい

「おはよ、ジュンク堂でキス、キスだよ。」『ぬばたま 創刊号』

よいです。

https://twitter.com/dozonomasahiko/status/862264850117869568




また、二三川練さんが記事を書いた。

初谷むい「春の愛してるスペシャル」の話 https://t.co/ggl6JHg3V6 肉を切らせて寿司を食う
https://twitter.com/sucrehecacha17/status/862276382394523649








▼▼







2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 08:02|Permalink

2017年05月10日

ぬらっ。タイトルをつける

ぬらっ



連作のタイトルをつけるのがほんとに苦手。タイトルをほめられたことが一度だけあり、いつまでも覚えている。
2014年に「仙台に雪が降る」を穂村さんが「タイトルが新鮮ですよね」と言ってくれてた。
ひさしぶりに、短歌研究新人賞の候補になったときの座談会の自分の連作へのコメントを読み返した。初めて読むようにあたらしく感じた。




ひたすらタイトルの案を書き出した。こういうことをもっと早くやってもよかったな。
全然だめだったが、19個目でいいのが出た。いいのが出るとうれしいもんだな。

苦手っていうか、ちゃんとやってこなかったな。








昨日、橋本治さんの『これで古典がよくわかる』っていう本のことを書いたけど、さっそく読みたくなって探した。
『桃尻語訳枕草子』上下巻を買ってきた。冒頭の挿し絵に見覚えがある。中学2年の国語の授業で見たやつだ。

「桃尻語」がちょっとはずかしい。年代を感じる。90年代なかばに授業で読んだときには、強烈だとは思ったけど古くさいとはあんまり思わなかった。
カタカナの使い方に年代が出る。「まァ」とか「ホント」とかに。

枕草子って西暦1000年前後の成立だという。1010年くらい前ってことか。
1980年代の言葉で訳されているとして、2010年代のこちらからは30年歩み寄ることになる。向こうは980年飛んできてくれてるんだから、こちらは文句ない。








ツイッター短歌史
【2017.5.8】
中牧正太さんの発言が波紋を呼んだ。

うたの日に比べれば、すべてのリアルの歌会はぬるま湯だと思ってます。
https://twitter.com/shota_nakamaki/status/861246541838696448

この日のこの方のツイートやリプライをたどっていけばどういう反響があったかわかる。「歌会 ぬるま湯」などで検索すればいくらかエアリプも拾える。

これに関して、うにがわえりもさんがまとまった量の文章を書いている

「リアル歌会はぬるま湯」発言について 君がいた頃の耳あか Yahoo!ブログ https://blogs.yahoo.co.jp/eriuni_tanka/64814586.html


「福島は買うな食うな」も中牧さんだったな。

「福島の風評被害を広めるような短歌」とされた中牧正太氏の歌について : ▼存在しない何かへの憧れ
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52125153.html




この「ツイッター短歌史」は毎月はじめにメインのブログ http://blog.livedoor.jp/mk7911/ にまとめている。これは六月はじめのまとめに入る。





あ、オレの意見ですか?
なにが厳しくてなにが優しいかなんて、受け取り方なのでなんとも言えません。お湯ならば温度を計れますけど。
批判を受けることと、無視・軽視されること、どっちをつらく感じるかってことですよね。人によってちがうでしょうね。
軽く読まれただけで素通りされるほうがつらい、という意見もあるでしょう。

厳しいか厳しくないかは、厳しい人がいるかいないかだと思います。それにネットもリアルも関係ない。

オレの経験としては、ある歌会でオレが適当な評をしてしまったときに黒瀬珂瀾さんから受けた、射るようなするどい眼光が忘れられません。蛇ににらまれた蛙でしたっけ、あれですよ。
そういう経験をしなくてすむから、ネットはそこまできつくないという印象です。
でも、そんな眼差しもぬくもりであると、真剣に見てもらえてるんだから暖かいんだと、そう言えば言えますから、この話に結論はつけられません。



▼▼





2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 08:42|Permalink

2017年05月09日

ぬらっ。立って読書

ぬらっ


2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de
有料マガジンを更新しました。

これはけっこう手間かけて作っているし、自分では充実した内容だとおもう。ただし、いいねがつかない。noteでは「スキ」っていうんだけども。
自分のメモにもなるから続けている。







橋本治『これで古典がよくわかる』を180ページ読み、読みおわった。
おもしろかったなー。古典を読んでみたくなった。
読みたい本や好きな作家が増えると、わくわくする。



最近、立って読書することがある。ふつうに読書すると眠くなるが、立ってると眠気が緩和されるから。






▼▼



2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:40|Permalink

2017年05月08日

ぬらっ。本のこと少し

ぬらっ


斎藤茂吉『暁紅』読みおわった。
『明治大正和歌史』を読んだのか読んでないのかわからず、とりあえず読みはじめた。


橋本治『これで古典がよくわかる』読み始めた。さくさくいける。最近はこの作家に興味がある。









河北新報「河北歌壇」に短歌が載った。
一時は上位のほうにも載ったものだが、今はもっぱら下のほうに載る。
今月になってから投稿をやめている。








いつも行っているブックオフが移転するそうだ。それと、ゴールデンウィークのセールの最終日だったこともあり、気になるものを買っておくことにした。といっても保坂和志『明け方の猫』と北杜夫『楡家の人びと』の二冊だけ。






▼▼



2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う|mk7911|note(ノート)https://t.co/iWmOlpRjpS


帰ってきた汚染歌人|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌パトロール日誌【2】4/20-4/23|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7e733d2bc5cb

短歌パトロール日誌|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nba8232f28b92

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69

2017年3月に発表した/掲載された短歌といただいた選評まとめ|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1dba7a62c361



工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 08:02|Permalink

2017年05月07日

ぬらっ。「わからない」という方法

0e93de69.jpg











ぬらっ



橋本治『「わからない」という方法』を読んだ。

セーターを編む本をつくったり、
エコール・ド・パリのドラマ化をしたり、
桃尻語訳枕草子をつくったり、
そういう仕事をした経験が書かれている本。

セーターが編めるとか、ドラマがつくれるとか、古語辞典を引きまくれるとか、積み重ねがあるからできるんだと思う。
自分の特性を知ること、わからなくてもどんどんやってみること、めんどくさがらないこと。


「へんじゃない」は「へん」を排除しようとするが、「へん」には「へんじゃない」をひっくりかえす力がある。
などなど。
おもしろかった。








ダ・ヴィンチで穂村さんが、自分に才能があるか考えていても仕方ないと言っていた。

自分が目を輝かせてできることをやっていければよい。






うたらば、半年ぶりに採用していただきました。しばらく出してもいなかった。

うたらばさんへの投稿数を見てると500首そこそこで、三年前からそれくらいのようだ。
そういう足踏みのときが大事だ。数字で見えないところで人が入れ替わったりしているものだ。オレのブログもアクセス数が横ばいだ。勝手に重ねちゃいけないんだけど。くさらずにやろう。

つまらなければ下降するんで、そうでなくても人は飽きていくもので、維持できてるってことはおもしろいんだと思う。


でもお題で出しやすさってだいぶ変わるものだ。なんで「背」で急に出したくなったのかは謎だけど。







こういうのを自意識過剰というんだろうけど、短歌の雑誌を見ると、自分が詠み込まれていないかが気になってしょうがない。







眠いけど、大切なことを、ひとつだけ。この世で最も冷たい反応は「黙殺」「無視」だと思っています。人からの批判や悪口にいちいち反応し、悪態をつくという行為は、それよりは、断然あたたかい。人を人と思わない人は、そんな疲れる行為、わざわざしません。


と枡野浩一のbotが言っていた。

オレはあんまり疲れないからやっちゃうんだよ。ネットでは油断すると人を人と思わずに、自分が気持ちよくなるためだけに発言できてしまう。

自分のbotだからってみんな同意してるわけじやないの。でも、こうあるべきだとは思う。

言いはじめると酔ってきて勢いがついたりするんだけど、時間がたつと変なことも言ってることに気づいて、後悔する。
あなたにたいして興味がないのにひょんなことからたくさん言葉を費やしてしまって申し訳ありません、わたしが軽率でしたと、いうことになる。

じゃあオレがそういう自分の欠点を嫌いかというと、8割きらいで2割はきらいじゃない。





▼▼



2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う|mk7911|note(ノート)https://t.co/iWmOlpRjpS


帰ってきた汚染歌人|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌パトロール日誌【2】4/20-4/23|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7e733d2bc5cb

短歌パトロール日誌|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nba8232f28b92

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69

2017年3月に発表した/掲載された短歌といただいた選評まとめ|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1dba7a62c361



工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:25|Permalink