2018年07月18日

ぬらっ。にんにく4

ぬらっ


"910822②大蒜ニンニク /世にも奇妙な物語"
https://t.co/cuSTBMsR7j

「にんにく」見た。
榊原郁恵の演じる主人公は、無人の八百屋でにんにくを盗んでしまう。見られていたのではないかと不安になり、挙動不審になる。にんにくを戸棚に隠し、夜には公園ににんにくを埋める。そのころ、近所ではOLのバラバラ殺人が起こっていて、その件で主人公のもとへ警察がくる。

「にんにくにんにく……」というささやき声をよく覚えているが、内容は忘れていた。
テレビ欄の「大蒜」が読めなくて父にきいたら「オオニラ……?」と言っていたのを覚えている。

主人公が落ち着かなくなるところはリアリティを感じた。悪いことしたときってあんな感じだよな。
もっとコミカルにも、もっと怖くもできそうだけど、どっちにも転ばないこの匙加減。







あんまりツイートしてませんでした。
息をひそめて待つ、そのときのために備える、ということを主にやっています。

下書きをいろいろつくった。すぐに使うつもりでいたけど、まだだった。もどかしい。



字数を数えてくれるメモ帳のアプリをいれました。

『震災のうた 1800日の心もよう』読みおわった。














▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。



もうひとりの中城  ~世にも奇妙な歌壇批判
https://note.mu/mk7911/n/n7bb586d45075

短歌連作とジェンガ
https://t.co/vssnyy5mrn

速報です
https://t.co/nbzpaCZ3OP

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。










mk7911 at 11:18|Permalink

2018年07月17日

ぬらっ。朝まで生殺人5

ぬらっ



"910822①ボロボロ /世にも奇妙な物語"
https://t.co/kI1FgnjuAF
タイトルは「ボロボロ」だが、中身は「朝まで生殺人」だった。見ていなかったので見た。音声がおかしかったが、イヤホンしたら普通に聞こえた。

脚本家が殺人シーンを朝までに書き直すことを命じられる。そこへあらわれた手伝い・ヤマダマサコは奇妙な女で、脚本家のかつての殺人シーンをすべて覚えている。あの殺しかたはすでに書いた、この殺しもすでに書いた。アイデアを探しあぐねる脚本家に、ヤマダマサコはあらたな殺しを提案する。

討論番組とはなんの関係もなかった。おおげさなようだが手が込んでいて、楽しめた。この番組も、脚本家がさまざまな奇妙さを苦しんで考えだしているのだろう。







来年も新人賞に出すのかな平成最後の五月が終わる
#平成最後の五月が終わる


と、五月末のオレが書いていた。



川をまたぐ
https://t.co/XK3B7frc8L
有料noteを更新した。

ここ三日くらい、あんまりツイッターに書き込んでいない。それには理由がある。今日、すべてあきらかになる予定だ。






▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。



もうひとりの中城  ~世にも奇妙な歌壇批判
https://note.mu/mk7911/n/n7bb586d45075

短歌連作とジェンガ
https://t.co/vssnyy5mrn

速報です
https://t.co/nbzpaCZ3OP

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。










mk7911 at 06:28|Permalink

2018年07月16日

ぬらっ。記憶の沼4

ぬらっ



"910808③記憶の沼 /世にも奇妙な物語"
https://t.co/N5uOjnlsFx

「記憶の沼」見た。
主人公は、沼で女の子に導かれて溺れ死ぬ夢を繰り返し見る。ひとり旅の電車のなかで、夢で見た女の子に出会う。電車を降りた女の子を追いかけて降りた駅のそばには、夢と同じ沼がひろがっていた。宿の人の話では、以前その沼で女の子が亡くなったという。

主演の若村麻由美さんが美しくて、うっとりと見た。
沼に引きずりこまれるのがなかなか怖かったが、物語は意外なところに着地する。
おそろしいと思いながらも追いかけてしまう、あるいは逃げてしまう。そのあたりの心の移り変わりがひとつのポイントかな。
すぐ女を殴る男がでてきて、こういうのはなんだか引いてしまう。

おれに関する噂、ボタン、つまらない男、この気持ち伝えて、19XX、の五つは動画がない。ごっそり欠けている。うーむ。







依頼されていることを進めた。

頭痛に苦しんだ。
新しい枕があわなくて首がつかれるようだ。古いものをまた使うことにした。
ワールドカップ終わっちゃった。たのしかったな。




▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。



もうひとりの中城  ~世にも奇妙な歌壇批判
https://note.mu/mk7911/n/n7bb586d45075

短歌連作とジェンガ
https://t.co/vssnyy5mrn

速報です
https://t.co/nbzpaCZ3OP

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。










mk7911 at 14:43|Permalink

2018年07月15日

ぬらっ。リフレイン5

ぬらっ




"910725③リフレイン /世にも奇妙な物語"
https://t.co/BZC43mfAgt
「リフレイン」見た。
松崎しげる演じる主人公には、同じ日が何度も訪れる。同じ朝のニュースを見て、同じ事故を目撃して、そして同じように家族が暴力団の抗争にまきこまれて殺される。夜12時になるとまた朝になる。同じ日を五回くりかえした主人公は、あることをしてその日を終わらせる。

原因不明の奇妙な話。それでいて、自分がこんなことになったらどうしようと不安にもなる。印象的な話で、よく覚えていた。
仲の悪い夫婦のあいだでよくわからないことになって子供が泣くのがかわいそうだし、狂ったような主人公の笑いも迫ってくるものがある。

傑作だけど、ただ、すぐ殴る取り調べとか、すぐ撃ってくる暴力団員にはやや不満。








頭痛。
とんでもない良いことあった。それから、それにともなうもろもろを考えていたら頭痛が激しくなった。
「リフレイン」とは逆に、たしかな現実であってほしいと思う日だった。


!!!!|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2fa11bcef1d0
ヒントこちら。有料



サッカーのワールドカップの三位決定戦を見た。

勝っても三位、負けても四位という戦いで全力を出すむずかしさを思う。

おもしろい試合だった。





▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。



もうひとりの中城  ~世にも奇妙な歌壇批判
https://note.mu/mk7911/n/n7bb586d45075

短歌連作とジェンガ
https://t.co/vssnyy5mrn

速報です
https://t.co/nbzpaCZ3OP

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。










mk7911 at 10:03|Permalink

2018年07月14日

ぬらっ。嘘八百屋4

ぬらっ



"910725②嘘八百屋 /世にも奇妙な物語"
https://t.co/o52oNEnvdC
「嘘八百屋」見た。
「嘘八百屋」では人を幸せにする嘘を売っている。ほかに家庭をもっている男との別れ話を切り出せない主人公(西村知美)は、言いたいことが言えるようになる魔法の水と、未来の自分からかかってくるという黒電話を売ってもらう。

夢のあるふわふわした話で、西村知美にぴったりだ。こういう「キャスティング」っていうの? 役者をあてる采配がいつも上手だと思う。
こういうお店があったら素敵だなあと思った。むしろなんで無いんだろう、っていうくらい。








ツイッターの偽アカウントの削除が話題になっている。
オレはどのアカウントもフォロワーは特に減ってません



『震災のうた』読みつづけている。



クロノクロスは二日目。溺れ谷をこえたところまで。



山田ズーニーさんのページで、仕返しをしないことの大切さを読んだ。仕返しをしたくなるのは、やるべきことをやってないからだと。読んで、シャキッとした。必要な時にまた読もう。

http://www.1101.com/essay/2017-11-22.html






▼▼▼



【こっちもおすすめ】
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。



もうひとりの中城  ~世にも奇妙な歌壇批判
https://note.mu/mk7911/n/n7bb586d45075

短歌連作とジェンガ
https://t.co/vssnyy5mrn

速報です
https://t.co/nbzpaCZ3OP

2018年5月のオレの短歌とその余談
https://note.mu/mk7911/n/n75bf05a79de6

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://note.mu/mk7911/n/n58e5f4337568




などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。










mk7911 at 06:38|Permalink