2017年05月21日

ぬらっ。オレの隠してる性格

ぬらっ



診断メーカーで遊んだ。

工藤吉生さんが隠してる性格ベスト5
5…ドS
4…地雷が多い
3…人の話を聞かない
2…人が嫌い

1番知られらたくない性格は……
1…メチャ好かれたい体質
#隠したい性格

https://shindanmaker.com/625456


そう言われるとそうだな。
人が嫌いなのに人に好かれたいっていうのは、すごい自分本位で、救えないよねえ。







うたつかいが来ていた。
うたつかいの自己紹介欄の質問への答えがあみーさんとかぶってた。

なに屋さんになりたいかをきかれて「がんばり屋さん」と答えていた。

シャレといえばシャレだが、ほんとうにそうなりたい。









桃尻語訳枕草子の上巻を読みおわった。このシリーズはこれで終わりにすることにした。買ってあるけど下巻はいいや。

平安時代にちょっと興味を持てたのがよかった。日本のこんな古いものを読むの、はじめての体験だった。いい体験ができた。

やっぱり桃尻語が無理だよ。これのおかげで読めはじめることかできたんだけど、結局これに付き合いきれなくてやめる感じだ。
何度も言うけど、古いんだよ。「ヤバイ」はおろか、「超」も「マジ」もないようなものを若者言葉とはもはや言えないんだよ。
それに、男性が訳してるのを知ってるから、女っぽい口調のむこうがわに男性が見えてしょうがない。

多少興味はあるので、次はもっと落ち着いた訳で読んでみたい。



次は徒然草に興味があってジュンク堂で見てたんだけど、読みやすそうなのがいろいろ出てるんだね。わくわくする。いまは古典を読むのにはいい時代なんだと書いてたのは誰だったっけ。たしかにそうなのかも。






▼▼




短歌パトロール日誌【3】|mk7911|note(ノート)https://t.co/1XaAOUsqu8
有料マガジンを更新しました。





2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 05:05|Permalink

2017年05月20日

ぬらっ。歌会の詠草

ぬらっ



歌会に出す詠草をきめるのに時間がかかった。力加減がむずかしい。

オレがあんまり歌会やらないからっていうのもあるし、
投稿みたいに、ダメなら落としてもらうっていうこともできない。
結社みたいに、いくつか出していいのを選んでもらうこともできない。

一首出して、その一首のために時間をさいて真剣に語ってもらうわけだから。
わけわからんものを出して困らせたくないし、かといって単純なのを出すと見くびってるみたいだし、そこの力加減だ。


そのために自分の未発表の歌を眺めていたが、打率が低くてつまらない歌ばかりのような気がして暗い気持ちになった。







桃尻語訳枕草子を少しずつ読んでいる。

今日おもしろかったのは、笏が変化して扇が生まれたという話。
http://www.kariginu.jp/kikata/2-1.htm
調べてたら出てきたサイト。いま読んでる本はかんたんな挿し絵しかないので画像が参考になる。
笏はメモ帳として使われていた。「笏だけではメモ欄が少ないという理由からか、薄い檜板を糸で綴って扇の形にした」






▼▼







2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:46|Permalink

2017年05月19日

ぬらっ。マストドン検索

ぬらっ





138faf01.png















マストドンで検索してみたらけっこうすきすき言われていた。
ニコニコの人たちに意外とウケることがわかった。
「兄貴」はおもしろいな。みんなからそう呼ばれるようになったらオレもその気になりそう。
みんなありがとう。





工藤っていう名字は21万7000人いると名字サイトで知った。多いのか少ないのかわかんない。まあこんなもんか。73位だって。
藤原氏に由来するらしい。







野性時代を読みおわり、ツイートした。

安いからという理由で買った歌集がつまらなくて途中でやめた。

チョコレート語訳みだれ髪を読み始めた。
与謝野晶子ってけっこうむずかしいな。


桃尻語訳枕草子は、つまらなくなったらほどほどに読み流すようにしたらなんとか続けられるようになった。

橋本治さんが百人一首の本を出してるのを知った。





▼▼







2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 06:01|Permalink

2017年05月18日

ぬらっ。岩被文庫メーカーで遊んだ

ぬらっ




「岩被文庫メーカー」で遊んだ。
https://iwakabur.herokuapp.com/



https://twitter.com/mk7911/status/864584352184713216/photo/1

bdf48c2a.png













いや、よく見ると岩波文庫じゃなくて岩「被」文庫になっている。いわかぶり文庫? 重そう。石ころぼうしみたいなことか。




岩被文庫から出た「工藤吉生歌集」です。

https://twitter.com/mk7911/status/864596125155590145/photo/1

2017年5月17日に豆腐の角に頭をぶつけ非業の死を遂げた歌人・工藤吉生(くどうよしお)の歌業の集大成。インターネット、新聞歌壇、結社とさまざまな方面に活動の場を広げたが、ついに芽が出ることはなかった。全ての現代人に不要の書。


742806fa.png














とりあえず、死なないと岩波文庫には入りにくそうな気がしたから自分を突然死させてみた。(例外はあるけど、いずれにしろ若い人は生きたままでは無理そう)
で、ほかに書くことを考えたけど、特にオレには歴史に残るような業績も、作品の特色もなかった。いま死んだらなんにもないな。





白帯にしてみた。

岩被文庫メーカー https://iwakabur.herokuapp.com/ #岩被文庫 https://t.co/6VDSN2QzMr


百五十年の生涯を駆け抜け数多の名歌を残した歌人・工藤吉生(1979-2129)の歌業を見渡せる一冊。「短歌はぬらっに始まりぬらっに終わる──」の一文があまりにも有名な「ぬらっ短歌論」を併録。

10e4864a.jpg












それっぽい文言を考えるのがおもしろい。もちろん内容はみんなフィクションです。

以上です。
いろんな色の帯でつくれるようになったらまたやるかも。




▼▼







2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 08:15|Permalink

2017年05月17日

ぬらっ。読みきり小説、古典

ぬらっ



「野性時代」の読みきりをひとつ読んでみた。この雑誌に載る小説がどういう傾向のものかとか全然わからない状態で。一番最初の。

読んでるときはまあまあ面白かったんだけど、読み終わってしばらくしたらなんかムカついてしまった。
これはドラマでやるやつだ。イケメン俳優に美人女優に天才子役が演じるのにふさわしい内容。

テレビだったら一秒でチャンネル変えるのに、小説だから最後まで付き合ってしまった。

ムカつくっていうのは、別に小説が悪いんじゃないんだけども。小説自体はうまいこと書いてある。
絵に描いたような、前向きで頑張り屋の男にイヤになってしまう。こういう劣等感がいやだからドラマも避けてるのに。

キャッチボールしながら自分の父親の気持ちがわかっていく場面が良いと思いました。




読みきり五本全部読んだらメインのブログのほうにまとめよう。







桃尻語訳枕草子は100ページくらいでつまらなくなってきた。
読みつづけられるか不安になっていたが、今日読んだところはおもしろかった。

第二十五段「イライラするもの!」
「・硯に髪が入ってすられてんの。あと、墨ン中で石がキシキシってきしんで鳴ってんの。」


ってところはよかった。
ほんとに長い髪だったんだなと思うし、硯に墨をすってる感じがよく出ている。
いいと思うと原文も気になってくる。

和歌を送っても返歌がこないとがっかりするとか書いてある。そういうのなら面白く読める。
貴族の地位の話、服装の話がつづくと退屈する。

あと、この桃尻語の口調にまだ慣れない。オレだって80年代を10年まるごと生きてたはずなんだけどなあ。遠く感じるなあ。







「BLUK - Physics Adventure」
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.pixelapestudios.bluk
いまやってるアプリ。ただジャンプするだけなんだが、美しくて夢中になる。




▼▼







2017年4月に掲載された/発表した短歌のまとめ【22首】
https://note.mu/mk7911/n/n3afc09ed83de

2017年4月にあった出来事についてあれこれ言う
https://t.co/iWmOlpRjpS

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。


mk7911 at 07:27|Permalink