2015年06月07日

ぬらっ。新聞歌壇の掲載打率 6/7

ぬらっ


ひさしぶりに日経歌壇に載った。
たまには打率でもやるか。四月一週目からしばらくやってなかった。あんまりやると数字ばっかりになっちゃうから。

四月のデータ ()内はその前の週の数字
河北歌壇 19打数4安打 .211(.222)

読売歌壇 33打数3安打 .090(.094)

毎日歌壇 43打数11安打 .256(.262)

よみうり文芸 3打数1安打 .333(.500)

日経歌壇 15打数2安打 .150



六月七日現在

河北歌壇 27打数6安打 .222

読売歌壇 41打数3安打 .073

毎日歌壇 51打数11安打 .216

よみうり文芸 5打数2安打 .400

日経歌壇 18打数3安打 .167


あんまり変わらないもんだ。
よみうり文芸はやめる予定です。勝手に歌をいじられるのと、掲載が不定期なのと、ハガキを書くのに必要事項が多いのと、ローカルすぎて読者が少ないことが理由です。

新聞に載った短歌のまとめはこちら
http://matome.naver.jp/odai/2142456033808575801




mk7911 at 06:07|Permalink

2015年06月06日

ぬらっ。「はじめて楽しむ万葉集」、人生のトップゲーム10

ぬらっ。



金かかる日だったな。彼女にプレゼントしたら。でも雰囲気よかった。ものあげると喜ぶ。

弟とひさびさに話したな。ヒップホップ好きなんて知らなかったよ。あと、オレの悪いところに、影響をうけている。くすぐって言うことをきかせようとするとか。


本がすこし進んだし、歌が10首できたのもよかった。






6/5から、上野誠『はじめて楽しむ万葉集』を読むことになった。どういうペース配分にしようか考えていた。
一章を四日に分けようかと思う。前半を読み、前半をまとめて、後半を読み、後半をまとめる。十章あるので40日くらいで。
まえがきと一章の前半を読んだ。ふむ! これはわかりやすい。短く区切られていて読みやすい。読むだけであればつるっと読めそうな本。







桃太郎伝説(FC)
ドラクエ3
ファイナルファンタジー3
ファイナルファンタジー6
テイルズオブファンタジア
タクティクスオウガ
聖剣伝説3
ガンナック
スターソルジャー
塊魂
#自分の人生においてトップ10に入るゲームをあげてけ

ゲーム生活20周年記念企画・栄光のベストゲーム32 : ▼存在しない何かへの憧れ http://t.co/b1B28kSF71
2007年に書いたもの。


このあと8年間にやったなかでは、3年B組金八先生、地球防衛軍2、魔界戦記ディスガイア、ICOが良かった。
PS2で終わった感じです。それ以降のハードはもってない。


mk7911 at 07:50|Permalink

2015年06月05日

ぬらっ。現代短歌史がおわったことなど

ぬらっ。

夜書くのはしんどいなあ。朝早く書いたほうがいいかも。



昨日は新聞に投稿した。いつもどおり。


ブログは、テレビのことを書いた。便乗記事。のぴなやんだ。
はじめたころの「存在しない何かへの憧れ」は、テレビの話題でひとをあつめるブログだったんですよ。オリンピックやワールドカップの時期にそのことを書いたらアクセスが上がった経験から、積極的にテレビのことを書いていた。


右手の小指をドアに挟んで、痛い。



フォロワー985。1000に近づくと気持ちも高まる。



篠弘『現代短歌史Ⅲ』がおわった。休まずやれば五月末ごろ終わるということでやっていたが、あまり休まずやれたようだ。6/5から「はじめて楽しむ万葉集」。
今年の元旦から篠さんに付き合っていた。まる五ヶ月か。長かったなあ。



塔の歌を三時間半ツイートした。それでも半分強という進み具合。



七月ごろ出る予定のある本の出版が発表されたんだけど、その本にちょっとアレするかもしれません。くわしいことはまた今度。


mk7911 at 06:41|Permalink

2015年06月04日

ぬらっ。有吉マツコの怒り新党、斉藤斎藤さんを特集

ぬらっ



図書館で、きのうのぶんのよみうり文芸を確認。載らず。必要事項が住所、氏名、電話の三つだったと思うんだが、職業、年齢が増えていた。面倒になったな。ハガキに手書きというだけでも日経毎日読売に遅れをとっているのに。そのうえまだ面倒にするか。

一席が獄中詠だった。狭い欄にこういう人がでてくると、なんでもないひとはやりづらいよ。
再開する材料がない。残り打席3。







昨日はなんといっても、有吉マツコの怒り新党で現代短歌が特集されたのが印象的だった。斉藤斎藤さんが紹介されていた。

おとなげないが、ちょっと興奮してしまった。ふだんよりもハレの舞台に立っている短歌をみていて。
思ってたよりまともだったし楽しめた。


さっそくオレのブログにアクセスが流れてきていた。こいこい。短歌関係の言葉で検索すればオレのブログに着くようになっているのだよ。
……と思ったが、増えたアクセスは一晩で100くらいだった。


短歌クラスタは案の定テレビにツッコんでいた。テレビに文句言いたくなるのは「中の人」だからなんだろうね。
二三日でほとんど忘れられるものだからねテレビは。もっと広い視野で短歌は考えていかないと。

こいつら短歌のこと知らないなわかってないなと思うかもしれないけど、歌人もほとんどはテレビのバラエティ番組のことわかってないからね。そこはお互い様なんで、謙虚になっていいんじゃないかなあ。
「短歌」と「バラエティ番組」の融合なわけでしょこれは。バラエティが短歌に寄ってきてくれたんだから、短歌の側もバラエティに気持ちだけでも譲歩していい。
取り上げてくれてありがとう。短歌に興味もってくれるかたがあらわれますように。

ためしに「斉藤斎藤」で検索したらかなり好感触なんだな。オレもエゴサしたときにこれくらいほめられてみたい。


mk7911 at 06:37|Permalink

2015年06月03日

ぬらっ。次に勉強する本をきめた

ぬらっ



篠弘『現代短歌史Ⅲ』があと二日くらいで終わる。ここでツイートしないだけで読むのはずっと続けていた。
次に勉強する本を買った。上野誠『はじめて楽しむ万葉集』にした。

この本、語り口がおもしろいから警戒していた。おもしろくしてあると、その裏でほかのなにかが犠牲になっていそうで警戒しちゃうんだよ。
最近「やさしい鮫日記」に取り上げられていて、悪くなさそうだからこれにした。

「えんぴつで書く万葉集」っていうのを一度やってたんだけど、何も知らないオレから見ても現代語訳がダメなのがわかる感じだったから、もっとちゃんとしたいなと思ってたの。

文庫本だしあんまり長くかからないだろうから、そしたら「百人一首」やる。ビギナーズコレクションとかいう角川のピンク色の背表紙の文庫。あのへんをちょっとやっていきたい。






それと今日、ブックオフで第九のCD買った。最近ベートーベンの第九にハマってるんです。マズア旧盤とマゼールとワルターを買った。第九が14種類になった。まだ欲しいのはいくつもある。





橋本夢道という自由律俳句の人を知る。botはない。つくりたくなってしらべた。作品を思いっきりのせまくってるブログみつけた。手間をかければできないことはないが、報われない作業だからなあ。







短歌研究読んだ。140ページくらいまで。あと少しというところ。


mk7911 at 00:13|Permalink