2017年12月18日

ぬらっ。毎月

ぬらっ



"J. Haydn - Hob III:68 - String Quartet Op. 64 No. 2 in B minor"
https://t.co/tB8rGgaUag

ハイドンの弦楽四重奏曲第68番を聴いた。3楽章4楽章に特に短調の味がある。3楽章は毅然とした態度のメヌエット。






今年をふりかえるツイートも見かけるようになった。今年下半期に読んだ歌から50首えらぶ「ぬらっと!短歌大賞」をそろそろ準備したい。



「質問いつでも受け付けております」と書いたら8問くらいきたが、同じ人が書いてるようだった。



「ネットプリント毎月歌壇」に短歌が掲載された。なんとなく、一番上の一番最初に載るのはうれしい。

四人の選がほとんど割れていた。今まで二人の選者によって選ばれなかった歌にもおもしろいものはあったんだろうなと思った。



▼▼▼



noteでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

バリウムを初めて飲んできたんだけど、その話をします
https://note.mu/mk7911/n/n4425984a46f9


500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 08:28|Permalink

2017年12月17日

ぬらっ。新年会へ

ぬらっ



夢のなかで、何かのちょっとした連作の賞の候補になったんですよ。そこで、数人の選考委員にもれなく批判的に書かれてました。それをむさぼるように読むんです。どうやらオレは月に行くという幻想的な連作を書いたらしい。
選考委員もほかの候補も知らない人ばっかりだったな。横書きで掲載されたのが珍しかった。






きのうの質問は一件だった。
質問箱に質問くるとうれしいですね。一週間で110問以上に答えてるんで、もっとくださいとは言いづらいんですけども。





穂村弘『整形前夜』一気に読んだ。
北杜夫『楡家の人びと』二部を100ページ読んだ。







未来の新年会に行くつもりで、そのための手段をしらべた。
うかうかしていたら、参加の締め切りがあと三日にせまっていた。あやうく気がつかないままになるところだった。

通常の日程7時間くらいあって7000円、懇親会が2時間あって7000円。
懇親会には必ず出る。少しでも余裕があれば両方出たいが、むずかしそうだ。

高速バスのことを調べた。仙台と東京は五時間半で結ばれていて、休日だと片道4500円ほどかかる。

しめて16000円からの出費。

高速バスは新宿に着くが、新年会の会場はそこから数キロ。そのあたりも調べた。


▼▼▼



noteでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

バリウムを初めて飲んできたんだけど、その話をします
https://note.mu/mk7911/n/n4425984a46f9


500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 07:03|Permalink

2017年12月16日

ぬらっ。ここで?

ぬらっ



"J. Haydn - Hob III:66 - String Quartet Op. 64 No. 4 in G major"
https://t.co/KSfO9i8PLP

ハイドンの弦楽四重奏曲第66番を聴いた。充実の一曲なのではないでしょうか。両端楽章の活発さ、3楽章のやわらかい哀愁。メヌエットは、トリオがほとんど一人なのが印象的だった。







『楡家の人びと』第一部を読み終わった。おもしろいなあ。先に北杜夫の『青年茂吉』『壮年茂吉』『茂吉彷徨』を読んでたが、それと重なるところがある。
ドイツ留学中に病院が焼けるところとか。医師としての茂吉の愛想とか。

人が死ぬ時に、え? ここで? ってところであっさり死ぬんだけど、そういうものかもしれないなーと思った。







西村陽吉についてツイートした。

質問がいくつかきたので答えた。110問も答えたが、まだまだいける。だが、今さら募集はしづらい。

返歌はできるが、ちゃんとした短歌ができない。



▼▼▼



noteでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

バリウムを初めて飲んできたんだけど、その話をします
https://note.mu/mk7911/n/n4425984a46f9


500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 09:09|Permalink

2017年12月15日

ぬらっ。カプリコのあたま

ぬらっ



"J. Haydn - Hob III:65 - String Quartet Op. 64 No. 1 in C major"
https://t.co/1Mf310nEd4

ハイドンの弦楽四重奏曲第65番を聴いた。3楽章の変奏曲がやや単調だが4楽章は激しいところもある。







はじめて「カプリコのあたま」食べた。うらないは大大吉だった。お菓子についてるような占い、ちょっと好き。

おいしいし、見かけよりも食べごたえがある。
オレの好みとしては、コーンも好きだし、大きなジャイアントカプリコにかぶりつくのも好きだけど。








バリウムを初めて飲んできたんだけど、その話をします|mk7911|note(ノート)
https://t.co/e47IQcoRpo
noteのマガジンを更新しました

成人病予防健診に行って、最悪だった話|
mk7911|note(ノート)

https://t.co/enpVDnopTQ
バリウムの記事はこれの続きです







「塔」から「未来」に移った理由まとめ : ▼存在しない何かへの憧れ
https://t.co/24ROHses9L

三つあった記事を一つにまとめました。その際、誤字訂正などの編集をしました。
結社移動のことをきかれるたびに三つのURLを貼っていたんだけど、一ヶ所にまとめた。内容は同じだけど、不要と思われるところを削った。



バリウムの有料記事、結社移動の記事でつかれた。読書すすまず。




■■■■■




noteでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

バリウムを初めて飲んできたんだけど、その話をします
https://note.mu/mk7911/n/n4425984a46f9


500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 06:01|Permalink

2017年12月14日

ぬらっ。楡家

ぬらっ



"J. Haydn - Hob III:64 - String Quartet Op. 64 No. 6 in E flat major"
https://t.co/bBZ6syea2s
ハイドンの弦楽四重奏曲第64番を聴いた。オレのコンディションがいいのか、おもしろく聴けた。2楽章は日の出を思わせるようなおだやかな楽章だが激しい中間部をもつ。







また質問箱やってた。五日目。おなじ質問もきてるし、反応がにぶってきたので終わりも近いんだろう。募集はこれからもずっとしてるけど、積極的に呼びかけることはもうあんまりないかも。






『楡家の人びと』がだいぶ進んだ。桃子が無理矢理結婚させられそうな話。徹吉のドイツ留学。院長が震災のなかを病院にもどってくる。



▼▼▼



noteでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年11月のオレの短歌とその余談【前編】
https://note.mu/mk7911/n/nc25fda0f3e41


500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


mk7911 at 07:30|Permalink